おすすめ自作小説:The Root – 第6話 (番外版)「ペガサス号の船内」【長編】

-----

(pic from maple.jp)

執筆:砂糖ツバサ

前話に戻る

[ad#ep1]

(8000年前の世界へタイムスリップしたペガサス号ですが、ここで少し船内の説明です。)

ペガサス号の大きさは、直径が100/πメートル(すなわち31.83メートル)の球体で、中央の部分は3層構造で円盤状の3階建てになっている。

その中央の階は、周囲が100メートルの光源子による、時空移動を可能にするドーナツ状のエンジン・エリアがある。

その中を8人の乗務員によって投入された8つの球体(エンジンキー)が光速(30万km/秒)で走行することによって、時空の歪みを発生させてタイムトラベルを可能にする。

そのエネルギーの供給源は、40年程前から計画されていたサハラ砂漠に建設されてきたテラ・ソーラー発電施設によるものである。
(*メガ・ソーラー発電の10万倍の出力)

この発電施設からほど近い、サハラ砂漠内の地下8000メートルの場所に、ペガサス号の発進ポートが建設されたわけである。
(少し話がそれましたが − −)

-----

-----

ペガサス号船内の上の階は、8人の乗務員による操縦フロアとなっている。

ほとんどのことがコンピュータ制御されていて、ボイスによる対話とタッチパネルによる対話とによってオペレート(制御)されていく。

この天井は、半球の硬質クリスタル・ガラスとなっており、一番高い場所は14メートル程(4.0 + 9.9メートル)はある。

そして中央のエンジンのある階(フロア)の下の階は、いろいろな部屋で分けられている。

例えば、8人それぞれの休養個室をはじめ、リラックスムードの談話スペース、食品調理室、多目的スペースなど様々。そして、こちらの方も半球の硬質クリスタル・ガラスとなっている。

こちらは4メートルのフロア天井があり、その先に一番高い場所が10メートル程の半球になっている。

注)上の階と下の階は、中央の階に対して重力の方向が逆転している。

中央の階の周囲100メートルのドーナツ状のエンジン施設、その中心のエリアには、8台のスーパーコンピュータが稼動している。

そして、上の階と下の階を結ぶ不思議な回廊(通り道)がある。

(船内の説明はこのくらいにして− −)
夜もふけて、8人の乗務員はそれそれの休養個室へと向かっていった。

第7話に進む
[ad#cocoa3]

【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】