[英語勉強法] 高校大学生で学んだ必要なことは人生にも必要なことだった

【はじめに:このサイトが届けているもの】

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して「現状の自分」を「行動体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

[ad#cocoatop] 学生時代、
英語で点数を上げようと躍起になって
応用問題にばかり取り組んでいると、
先生を含め周りのほとんどがこう言います。

英語には基礎・基本が重要なんです。

ビジネス英語にしても、
大学入試(センター)英語にしても
英語学習の基礎・基本、

つまり、中学英語の単語・文法(構文)が
英語力のレベルを上げるのに不可欠です。

[ad#cocoa11]

まずは、基礎・基本を固めるために、
基礎問題をこなしたほうが良いです、と。

学校の勉強において、
出題者が決めたルール(決まり)上の点取りゲームでは、
高得点を獲得するために必死だった学生時代、
このようなことを言われた人もいるのではないでしょうか?

私たちは既に知っていますが、
実際には、基礎・基本が大切になってくるのは、
英語学習に限ったことではありません。

勉強やスポーツをする時、
車を運転する時、
建物を立てたる時、
あるプロジェクトを立ち上げる時、
音楽の曲・歌詞を作る時、
絵を描く時、
人生(の生き方・歩み方)を設計をする時、
そして細胞レベルの話しにおいても
どんな時でも、
基礎・基本が全ての土台となり軸になっています。

原理・原則はいつも同じです。

原理・原則は同じ、

つまり、

基礎・基本があって、
そこから広げていく意識があれば
なんでも上手くいくという話しです。

今回の英語学習を例に取ると、

「基礎・基本となる音素・音韻を単語単位で聞き分ける力や
その音・単語の繋がりに意味を持たせる力、
またそれらを応用する力(フォネティックス、フォノロジーなどの力)
があって英語力が飛躍する、点数があがる

(英語力があるのと点取りゲームのためのテクニックを学び点数が上がるのは、
イコールでない場合が多いですが…)」

ということを学生時代に身につけることが出来たのであれば、

「『基礎・基本からものごとは広がる』ことを体得した」

ということになります。

[ad#cocoa2]

しかしながら、
実際は「基礎・基本を学ぶスキル(ものの考え方)」を体得していない人がほとんどではないでしょうか。

それでなければ、

新入社員(新人)としてスタートした数日後、数週間後に
「基礎・基本を付けることに時間を使わず、
会社や所属しているグループの愚痴を友人(同僚)とシェアすることに時間を使い、
結局、仕事(所属部)のパフォーマンスが上がらない」
という状況を、日常生活で頻繁に見聞き(遭遇)することはないでしょう。

もしかすると「何が基礎・基本なのかわからない」のかもしれません。

そうであるなら、基礎・基本が何かを知る方法は簡単です。

まず「全体像」がどんなものなのかを先に知っておく。

そして、全体像に対する「今の自分のやっていること(部分)」
がどう広がっていく(繋がっていく)か、
勉強をスタートする時から認識(意識)しておく…

-----

-----

その上で、わからないことがあれば、
その分野に関する「基礎・基本」の情報を書店に行ったり
先生に聞いたりして、分からない部分を補強していく…

こう書くと、このような声が聞こえて来そうです♪

「はっ!?イヤイヤ、それなら最初から
『○○の基礎・基本って何ですか』って先生や友達に聞けば終わりじゃん!」と。

しかし「全体像を理解した上で、
それらの土台になるものが『これなんだ』」という意識で、
ものごとに取り組んでいるのと、

「『これが基礎・基本です』と言われたことが
どう繋がっていくか自分自身が心から理解出来ないまま、
ものごとに取り組んでいる」のとでは、
結果が全く変わってきます。

新入社員(新人)で何度聞いても身に付かないことがある理由は、
目の前のこと「だけ」に意識が集中してしまい、
今後どんな繋がりがあるのかを理解していないからです

(その他、私的な問題もありますが、それは別の話…)

バリバリやっている先輩・同僚に話を聞いて見ると、
彼らの多くは、今やっていることの先の様々な結びつきに面白さを感じています

(一部、絶対に逃げられない理由より、やらざるをえないから、
バリバリやって成果を出している方もいらっしゃいますが、
この場合、顔色はあまり良くないと思います…)

全てはつながっています

しかし、結局のところは、
「本当に」好きなことをしていれば、
自発的に上手く行かなければ、
上手くいく方法を色々と行動して勝手に導きだすため、
基礎・基本のことを意識していなくても
自然と基礎・基本ができているものです

一番やるべきは、

「本当に」好きなことを見つけることなのだと思います

「本当に」 好きだから

「マイナスに思えてしまうこと」を乗り越えて、
前に進んでいける(行こうとする)のだと思います。

ちょっと、時間がある時にこう自分に質問したいものです。

「自分は今、どこに向かっているのだろうか?」

[ad#cocoa3]

好きな歌:ゆず「終わらない歌」

———-
目標設定・立て方のヒントを得るための記事:

行動を起こすきっかけを作り、人生をより一層好転させる方法とは? 「人生」のご利用は計画的に!?

人生の正確な目標設定・立て方で自分を見失うことなく行動する方法とは

目標達成用紙の作り方(方法) – 大谷が高校時代に実践したものとは

日々の何気ない出来事から成長のヒントを教えてくれる記事:
ものの考え方を変える事で将来を拓き不安で眠れない状況を吹き飛ばす方法とは?



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast(Instagramより)ほぼ毎日更新!

【夢にっき】『生き方』で大切にしたい考え方 – タイ・バンコクの自然と共存するワンちゃんを見て感じたこと

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】