※月間約3,000再生以上の人気 Podcast 『視点を変える話』は下の再生ボタンからご視聴可能です。

羽生結弦選手の夢 – 更なる高みを求めて(写真/画像付)

羽生結弦選手は小学生時代にインタビューで

「オリンピックで男子の優勝はないから優勝したい」と答えた時から7年、
ソチオリンピックに19歳で出場し、
子供時代からの夢だった金メダルを獲得しました

しかし、ソチオリンピック優勝直後インタビューを聞いていると、
試合前、夢が目前になった羽生選手は、
目前の夢は夢ではなくなってきてり、
既に夢が目標となっていた雰囲気があります

「夢(目的)と目標の違いとは」はこちら

[ad#cocoa1]

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
金メダルを獲得した翌日のインタビュー
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

interviewer:
ソチオリンピック男子シングルで金メダルを獲得したことについて、
ご家族にはどんな報告をしましたか?

羽生結弦選手:家族にはまだ報告してません

interviewer:それは親不孝者ですね笑w

羽生結弦選手
間違いないですね笑W
実際、母とは会いましたが、金メダルを獲得したことよりも、
試合の演技の反省点について話しをしました
「どうしてこんなことになったのか」についてです。
昨日の内容は、シーズンを通して、悪い方の演技だったので…

interviewer:ソチオリンピック金メダルの影はチラつきましたか?

羽生結弦選手
ソチオリンピックの優勝を意識していないと思っていても、
どこかで意識している自分もいて、
6分間練習の時は、体が余計に固まっていました
自分自身を分かりきれていないから、
最大の実力が出せなかったんだと思います

interviewer:
やっぱり、自分が最高の演技を出せなかった時、
「ミスれ!ミスれ!!」と願いましたか?

羽生結弦選手
自分が失敗しても、
ショートで2位のパトリックチャンのフリーは
「ミスれ!ミスれ!!」ではなく応援していました
ミスって勝っても、どうせ最後には、
パーフェクトの演技が出来なかったことに後悔しますから

interviewer:帰ってやりたいことは何ですか?

羽生結弦選手:特にないです!笑

羽生結弦選手:ww…じゃあ、ダメですよねww
とりあえず、今したいことは早くサルコーの練習がしたいです。

interviewer:サルコウの練習ですか?

羽生結弦選手
金メダルは金メダルで誇らしいですけど、
パーフェクトの演技が出来なくて、悔しいですから。
まだまだ、オリンピック金メダリストという自覚がないんです。
誇りを持って、胸を張って日本人としていられないので…
もっと高みを目指して頑張りたいです。

(ソチオリンピック直後優勝対談TVより)

[ad#cocoa2] ーーーーーーーーーーーーーーーーー
まだ見ぬ世界をみたい!
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

成長し続ける人は、
目標を設定し続け、
自分を磨き続けます

勉強でもビジネスでもスポーツでもそうですが、
羽生結弦選手のインタビューの節々からは

成長のサイクル:
「①夢/ゴール設定 → ②理想な自己のイメージ形成→③圧倒的な行動/練習量」

を当たり前に知っていて、実践している印象を受けます。

夢なき者に理想なし、
理想なき者に計画なし、
計画なき者に実行なし、
実行なき者に成功なし。

故に、夢なき者に成功なし。(吉田松陰・名言集より)

 

羽生選手は、

まだ見ぬ世界をみたい!

と言います。

どんな感動を私たちに与えてくれるのか、
今後も楽しみです♪

(photo from wiki)

[ad#hanyuyuzuru]

関連記事
▶︎ 羽生結弦–スケートを続ける理由
▶︎ 羽生結弦作文「瞬間」
▶︎ 花は咲く- 羽生結弦が届けているものとは
▶︎ 目的と目標の違いとは

このサイトは気に入りましたか。

【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】