おすすめ自作小説:The Root – 第1話「ペガサスの旅立ち」【長編】

【はじめに:このサイトが届けているもの】
夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して「現状の自分」を「行動体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...


ーーーーーーーー

ペガサス号の、旅立ちの時が迫っていた。

西暦2050年10月24日――出発の時刻は午前8時。

その2時間程前、乗組員8人はレインボーカラーでデザインされたユニホーム姿で、施設内のラウンジで時を過ごしていた。

この施設は…アルジェリア国内のサハラ砂漠の、地下8000メートルに建設された国際機関によって、開発運営がされていた。

午前7時、乗組員はペガサス号に乗り込む。

球体の形をしたペガサス号は、時空を移動することができる乗物。

そう、人類が今まで想像してきた夢の乗物、タイムマシンだ。

乗組員はそれぞれ乗員席に座り、シートベルトを着ける。

出発のカウントダウンが60秒前から始まる。

彼らはそれぞれ球体のエンジンキーを手にしている。

それを「オ・キ・ヲ・ツ・ケ・テ」の発信の合図で、「ラージャー!」と答え、その球体を始動するためキーホールに入れる。

8つの球は、船体の周囲100メートルのドーナツ型の空間へと転がり、回り出す。

そしてカウントダウンとともに、その回転が高速に、そして光速へと向かっていき、生み出されたエネルギーは時空間を歪ます動力源になっていく。

-----

-----

乗組員とその他関係者が見守る中、そのエネルギーはどんどん高まって行き、時空間を行き来する旅がいよいよ始まろうとしていた。

20秒前になると、船体の周囲にプラズマ(カミナリ)が発生し、船体が徐々に小さくなっていく。

船体が今まさに発進しようとしていた。

固唾を飲みながら乗組員は、クリスタルガラスの上半球の船体から通して見える周囲の風景が徐々に大きくなっていくのに気づいた。

そして、カウントが5・4・3・2・1・0 …。

ペガサス号の船体はみるみる小さくなり、最後にはバチバチっと音を立てて消え、彼らの時空間旅行が始まった。

このペガサス号の船出をサポートしているコントロールセンターの人たちは、不安な顔でいっぱいな中「この先どうなるのか」とつぶやいていた。

もし成功すれば、明日10月25日の午前7時59分40秒過ぎに、この場所に帰還することになっている。

<第2話に進む








関連記事

【著者:佐藤たいわ(Taiwa Sato)】


(マーク・シューベルト氏:米国・オリンピック水泳競技・元監督、北京オリンピックにて前人未踏の8冠を達成した「マイケル・フェルプス氏」の生みの親)

次世代教育プログラムPX2公認ファシリテーター
Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ

♣ベトナム旅行でバイクがやばい❓♣

最近とうこうしたの♪

  1. muine_cocoacana_taiwa
  2. cocoacana_muine
  3. dragon_waters_god
  4. temple of Thailand,

My Instagram ♪ フォロワー数:約4000人^^〜

おすすめ記事

  1. dragon_waters_god

COCOACANAとは ♪

ここあかな_画像

COCOACANA[ここあかな]は、「思えばかなう」「内側(心・考え方)を変えれば、外側(身の回りの出来事やその環境・人生)は良くなる♪」

が集まる情報サイトです♪♪
-------------------------------

全ての原因は環境(外側)の問題だけではないかもしれません...続きを読む

好きな言葉♪

・出会えてよかった^^
・これから、これから!
・こころ / 愛情
・協調 / コラボ
・この事から何を学べるかなあ?
・大丈夫、イケるイケる
・積み重ねだよ
・次につなごう
・進化していますか
・夢へのチケットは今持ってるじゃないか!
・今日面白い事あった
・好奇心は大切にね!
・感激 / すっご!
・ありがとうございます
ページ上部へ戻る