好きなことを見つけるコトバ/名言集 – 孫正義氏に学ぶ「自分の未来を創造していく」

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

(写真:孫正義, 出典:「孫正義氏の学生時代〜ソフトバンク設立」)

[ad#cocoa1]

一緒に読まれる記事
▶︎ 人生嫌なことばかりと思った時に心を支えてくれる言葉 – マザーテレサ名言集
▶︎ 【マザーテレサの言葉・名言集】” 受け取りの法則” は言葉を改めることから
▶︎ 【ココ・シャネル名言集】人生飽きたと思った時の言葉
▶︎ 【ストレスを忘れる明日へ】ウォルト・ディズニーの元気が出る言葉〜生涯の名言集
▶︎ ものの考え方を変えてみる – スティーブ・ジョブズ名言・格言集②

 

【🍎好きなことを見つけるコトバ/名言集①🍎】
孫正義氏に学ぶ「自分の未来を創造していく」

(reference from systemincome.com)

僕は志なくして成功するとか狙わずに、
オリンピックで金メダルを取れるということは
有り得ないと思います。

タイガーウッズだって、
小学校一年のころから世界一を目指して練習に励みました。

その決意があるからこそ世界一が達成できるので、
単なる偶然で世界一になるというのはたかが知れています。

株式市場の仕組みを知っていたわけではないんです。

志はあってもお金はなかった。

ではどうすればいいかを模索し、
専門家を雇ってさまざまにアドバイスをもらい、
そのやり方が理解できたのでゴーサインを出したのです
(大規模なM&Aをはじめた頃の状況について語った言葉)

ただ単に真似してやったのでは、
いっとき効率よくやれるということはあっても、
何か一つ問題があったりすると
壁を乗り越えることはできません。

常に自分で考え創りだしていかなければ
ブレイクスルーはできないのです。

我々の業界には、一世を風靡して脚光浴びて、
ぱっと散ってしまうベンチャー経営者もたくさんいます。

困難を乗り越えていくには
本当の底力を身につけなければいけません。

小さい段差を何回も乗り越えて勝ちグセを身につけること、
成功体験を積むことが必要です。

僕は今でも覚えている夢の半分は会社のことです。

創業のころは8割が会社のことでした。

「男は夜中にみる夢にまで責任を持て」
とよく社員に言っています。

日ごろから自分の会社と仕事を愛し、
真剣に追い求めていれば夢にも現れるということです。

-----

-----

そのぐらい真剣に取り組まないと大きな仕事はできません。

他の人間にできることならば、
同じ人間である僕にできないはずはない。

僕はそう思うんです。

他の人間ができるのに、
同じ人間の一人である僕にはできないとか、
できないと思わなければいけないとか、
そう思うことのほうが不自然じゃないですか。

絶対におかしい。

[ad#cocoa2]

最初にあったのは夢と、そして根拠のない自信だけ。

そこからすべてがはじまった。

組む(提携する)以上はナンバーワンのところと
最初からがっちり組む。

これが僕の主義です。

そのために全ての精力をつぎ込む。

ナンバーワンのところと組むことに成功すれば、
あとは黙ってもすべてがうまくいく。

そういうものです。

世の中に対しても、メーカーに対しても、
「あいつは裏切る男だ」と、
そういうレッテルを貼られるようなことは、
絶対にしてはいけない。

相手に得をさせれば、
私を味方だと思ってくれる。

そうすれば、その後の話がまとまりやすくなり、
私も得をする。

僕は戦略としては、自らがそういうプレーヤー
(ソフト開発事業者)になるというよりは、
インフラを押さえたいと。

利は薄いかもしれないけれども、
そのほうが浅く、広く、長くやっていける。

しかも、圧倒的地位になれば、
業界の成長にほぼ正比例して伸びていける。

こういうことを思ったわけです。

だから戦略を社名にまでコミットして、
”ソフト何とかテクノロジー”とかじゃなくて
「ソフトバンク」とつけたんです。

途中で気持ちが揺れないように。

財閥がどういう形で発展していったかを僕なりに調べたら、
最初に海運業で人と物のトラフィックを確保した。

新しい蒸気機関、汽船という新しいテクノロジーを使って、
人と物のトラフィックを一気に大量に提供した。

次に金融のトラフィックを提供した。

つまり金融業、銀行や保険など
その他さまざまな金融機関の機能を提供して拡大していった。
(原理・原則はいつも同じだから、
「(原理・原則)本質」を捉えることが大切」)

チャレンジしようというスピリットが大事なんだと思うんです。

日本全体が変わっていかなきゃならないんです。

ただじっと待つんじゃなくて、
みんなが行動を起こさなきゃならない。

ソフトバンクが何をしようとしているかというと
「ネット財閥」というのを考えているんです。

明治維新のころに日本は農耕社会から工業社会へ変わりました。

このとき新しい時代がそれまでと
何が違ってどういう方向に行くのかを
一番理解していた岩崎弥太郎や渋沢栄一
といった人たちによって財閥が生まれたのです。

僕は財閥が日本の近代化に果たした役割、
産業界に果たした役割はものすごく大きいと思っています。

♪「言葉」が自分の人生を決める♪

🍎【言葉の力】考え抜くということ🍎
〜孫正義氏名言集②に学ぶ〜
「行き詰まった時にどう踏ん張り、成長するか」も読む

[ad#cocoa3]

ソフトバンク アカデミア公開講義(from youtube)



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

タイ北部チェンマイから約4時間 – 山の中の中での瞑想修行で感じた『感謝』〜 先祖から頂いたたくさんのもの 〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】