【名言】羽生善治氏の「生きる力になる言葉」〜明日につながる今日の一歩〜

【はじめに:このサイトが届けているもの】

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して「現状の自分」を「行動体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

[ad#cocoa1] 羽生善治_画像_upload

(写真:羽生善治, 出典:賢者の知恵と実践:羽生善治

一緒に読まれる記事
▶︎ ぱふぃ〜むのっちの小学生時代の作文
▶︎ コーチング (coaching) とは – 夢/目標/ゴール達成を促すもの
▶︎ ストレス解消方法はものの考え方にある – コンフォートゾーンを広げていく
▶︎ 【元気が出る言葉】ウォルト・ディズニー – 人生の名言集🌟-ストレスを忘れる明日へ
▶︎ おすすめエッセイ/作文「最後はひとり」元NHKアナ下重暁子著 – 書いて心を裸にする
▶︎ 【有名な詩】中田英寿氏(中学時代の作品)- 目標と共に前進〜海外で活躍出来た自分軸〜
▶︎ 人生を楽しみきる方に!何を人生で見つけ残すのか?日本のストレス社会の原因とは?

 

【名言】羽生善治(はぶよしはる)氏の「生きる力になる言葉」
〜🍎明日につながる今日の一歩🍎〜

 

漠然とした不安は、立ち止まらないことで払拭されます。

確かに負けている時の方が新しいことはやりやすいですね。

どうせ今、状況が悪いんだから、何か違うことでもやるかという。

とにかく良くなるまで色々手を尽くせばいいので、
そういう時の方が思い切ったことはやりやすい。

もちろん勝負に勝つというのも大事なんですけど、
そのためにいつも決まり形でやっていたら、
そのことで将棋をやっている意味があるのかということに、
どうしてもぶつかってしまうんです。

誰もがやっている決まりきった道筋で振りきってしまうと、
結局、人の来た道をただ辿ってるだけということになります。

物事を忘れるのは、
脳がそれを必要としないと判断したから。

平常心をどれだけ維持できるかで、
勝負は決まります。

精神的プレッシャーには、
開き直りで立ち向かう。

相手のことを知るよりも、
自分自身が強くなればそれで済む世界だし、
それを目指した方が本筋というか、
王道という気がします。

直感には邪念の入りようがない。

長く考えると言うのは道に迷っている状態なんですね。

「勝ちたい」とか余計な思考も入ってくる。

だから、いくら考えても分からない時は、
最初に戻って直感にゆだねることがよくあります。

勝負では、知っていることに自分の思考とか、
アイデアをプラスしないと意味がないのですが、
知っているというその一点だけで、
有利になるということもよくあるんです。

単純に考える。

山ほどある情報から自分に必要な情報を得るには、
「選ぶ」より「いかに捨てるか」の方が、
重要なことだと思います。

勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、
大切なのは過程です。

結果だけなら、ジャンケンでいい。

いろいろ考えられる選択肢の中から、
「この一手」を選ぶのは自分しかいないわけです。

-----

-----

ミスはミスを呼び、悪手は悪手を呼ぶ。

プロがミスをしないのは、
ミスしにくい局面を選択しているからなんです。

本当に見たこともない新手は、
ひらめきみたいものからしか生まれません。

でもそれは、
先入観をすべて捨てて考えないとなかなかできない。

守ろう、守ろうとすると後ろ向きになります。

守りたければ攻めなければいけません。

[ad#cocoa2]

夢は目指した時から、目標に変わります。

ひらめきやセンスも大切ですが、
苦しまないで努力を続けられるということが、
何より大事な才能だと思います。

イメージが浮かぶのは序盤と終盤です。

浮かんでしまえば、あとは中盤で、
その間のつじつまを合わせればいいんです。

平均点を目指すと、限界も決まってしまう。

基本的に人間というのは怠け者です。

何も意識しないでいると、
つい楽な方向や平均点をとる方向にいってしまいます。

だから相当意志を強く持って、志を高く揚げ核となっている大きな支えを持たないと、
一生懸命にやっているつもりでも、
無意識のうちに楽な方へ楽な方へと流されていくことがあると思います。

自分自身の目標に向かって、
ちょっと無理するくらいの気持ちで踏みとどまらないといけません。

私は才能は一瞬のひらめきだと思っていました。

しかし今は、10年とか20年、30年を同じ姿勢で、
同じ情熱を傾けられることが才能だと思っています。

勝負の世界では、
「これでよし」と消極的な姿勢になることが一番怖い。

常に前進を目ざさないと、
そこでストップし、後退が始まってしまいます。

誰でも最初は真似から始めます。

しかし、丸暗記しようとするのではなく、
どうしてその人がその航路をたどったのか、
どういう過程でそこにたどり着いたのか、
その過程を理解することが大切です。

ただ一局一局を大切に、
そこにだけ集中して指してきた。

見た目には、かなり危険でも、
読み切っていれば怖くはありません。

剣豪の勝負でも、お互いの斬り合いで、
相手の刀の切っ先が鼻先1センチのところをかすめていても、
読みきっていれば大丈夫なんです。

すでに過ぎ去ったことは仕方がない。

私は、意識的に先のことを考えるようにしています。

反省は勝負がついた後でいい。

「いかに戦うか」は大局観にかかわるが、
その具体的な戦略は事前研究が決め手になる。

事前にしっかり準備して万全の態勢で、
対局に臨んでくる人は強い。

「プレッシャーはその人の持っている器に対してかかるものです。
器が大きければプレッシャーを感じることがないはずです」

と自分に言い聞かせています。

一番いいと思えるものを簡単に、
単純に考えることができれば、
逆境からの突破口を見出せます。

ビジネスや会社経営でも同じでしょうけど、
一回でも実践してみると、
頭の中だけで考えていたことの何倍もの「学び」があるんです。

勝敗を決定するのは、
“ただの一手”であったりします。

絶妙の一手。

あるいは絶妙に見えて最悪の一手。

大一番の対局では、誰しも手堅く、
安全、確実な道を選びたくなるものです。

自分もそうすることがよくあります。

しかし、確実にという気持ちに逃げると、
勝負に勝ち続けるのは難しくなってしまいます。

決まり切った局面で長考して時間を使って疲れるより、
勝負どころの場面で、
深い集中力を発揮できることが大切です。

興味が続くかぎり、集中力は続くものです。

勝つのは一点差でいい。

五点も十点も大差をつけて勝つ必要はない。

常にギリギリの勝ちを目ざしているほうが、
むしろ確実性が高くなる。

(rederence from 羽生善治名言) (thumbnail from i2chmeijin.blog.fc2.com)

♪「言葉」が人生を決める♪

[ad#cocoa3]

仕事の流儀「直感は経験で磨く」羽生善治 (from youtube)



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast(Instagramより)ほぼ毎日更新!

【夢にっき】『生き方』で大切にしたい考え方 – タイ・バンコクの自然と共存するワンちゃんを見て感じたこと

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】