大谷翔平等、一流選手の成績を支える【自分を磨き成長する「成功ゾーン」】を考える_写真/画像付

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

皆さんは、日々の何気無い出来事の中で、
どんな気づきや発見がありますか?

そして、

それらの出来事から何を学んで、
日々の成長につなげていますか?

私は、ある日、お店のエスカレータに乗っている時に気付いたことがあります♪

気付いたらとても成長していた?

Radcliffe Camera Panorama

pic from study.catal.jp

何回「エスカレーター式の学校」の話を聞いたことがありますか??

私自身、エスカレータ式の学校に通ったことがないので、
その実態や実際の構造(内容)を詳しくは知りませんが、
一般的に言われている話でいうと、

「エスカレーター式の学校」とは:
一度、その学校に入ると、大学、あるいは高校になど
一般の入学試験なしに進むことができる学校

(エスカレーター式の学校は学校で中学校・高校・大学の
節目、節目のテストがゲキむずいかどうかはわかりませんが、
それにしても、一般入試のような緊張感はないでしょう♪)

いわゆる、一度、その「ゾーン(環境)」に入ることができれば、
出口(大学・高校の卒業)を保証してくれる仕組み、
「出来レース」の参加権を得られるといった感じでしょうか。。。

別の言い方をすると、

人生の出来事において「正の連鎖が自分の人生にどんどん巻き込まれる」

(逆にわかりにくくなったかもしれませんが…^^;汗)

コンフォート・ゾーン(心地よいゾーン・領域)

borakay

(pic from nexseed.net

心理学やメンタルトレーニング、夢・目標などの自己実現の分野のコーチングなどでよく聞く、
「コンフォート・ゾーン」という言葉は、かなり一般的なものになりましたが、
実際には、これまでに何回くらい聞いたことがあるでしょうか?

1回だけしょうか?
3回くらいでしょうか?
あるいは、ゼロ回でしょうか?

ところで、「コンフォート・ゾーン」とは
具体的にどのようなものなのか知っていますか

その名の通り、「心地よいゾーン・領域」のことです♪

しかし、

実際に、私たちの日常生活の「コンフォート・ゾーン(心地よいゾーン・領域)」
は、「良いゾーン」と「悪いゾーン」の両方の性格を合わせ持っています

どういうことかと言うと、

例えば、

良いゾーン:
・(ある野球の日本代表選手は通常打率3割!
一時、打率低迷するも最終的に修正し、ヒットを量産、打率3割でシーズンを終える
・朝6時に起きて、夜は9時に寝る、早寝早起をしないと気持ちが悪い
(健康的なゾーンに入っている状態)
・資格試験などが近づくと、高得点を取ろうとして、自然と勉強を頑張ってしまう
(学習 or 勉強ゾーンに入っている状態)

-----

-----

悪いゾーン:
・何もないのに夜なべをして、お腹が空くのでよく夜食をお腹いっぱい食べる
(不健康ゾーン状態)
・どれだけ集合時間に余裕があっても、いつも遅刻をするか、
集合時間ギリギリに到着できるかどうかで焦る
(遅刻ゾーン状態)

など…

つまり、

「良いゾーン」に自分が入っていれば、
「正の連鎖」が起こりやすいですし、

逆に、

「悪いゾーン」に居れば、
「負の連鎖」が自分をどんどん巻き込み、
不運が続いていく…

これまでに何度もご紹介している「大谷翔平選手の高校時代の目標達成用紙(の作り方)」で
ご紹介したもの以外にも、野球界やサッカー界その他、どの分野においても、一流・一級品で
仕事をしている方々は成功ゾーン、いわゆる、「良いコンフォート・ゾーン」に入っています。

私たちは、どうすれば、日々、良いコンフォート・ゾーンに
居続けることができるかを考える必要がありそうです

日々の何気無い出来事:「エスカレーター」に学ぶ?

エスカレーターは、私たちを良くも悪くもする「コンフォート・ゾーン」
をシンプルに理解し、そして意識する上で、とても良いものです♪

エスカレーターまで足を運ぶ(行動する)→ 「上」まで行くことができます

しかし、

その逆、「下」に行くこともできます。

この違いは、単純に、

「上行きエレベーター」か「下行きエレベーター」かの違いです

「上行きのエレベーター」の頂上には何があるでしょうか?

おそらく、

自分の「行きたいところ」や自分の「欲しいもの」がありそうです^^♪

「下行きのエレベーター」の先には何がありそうでしょうか。

自宅行きの帰路でしょうか、
あるいは、「今まで気づかなかった大切なもの」でしょうか?

「上」ばかりを意識しがちな私たち

私たちには、動物の中でも「もっと、もっと!」という強い精神(DNA)が埋め込まれているのでは?

と感じる今日この頃…

「上」に行けばいいものが必ずある!と思うこと…

人は成長することによって幸せを感じることができますから、
この考えもあり!

でも、

「下」に行けば、懐かしい思い出や、生い立ちに「出会い」、
「今」に感謝することで幸せを感じることもできるから、
この考えもあり!

つまり、

最終的には、

人生の使命と目的を探しながら、
心のおもむくままに、行動しているのなら、

「なんでもあり!」

「学ぼう!」と思えば、
日々のどんなことからも
学ぶことができるなあ…^0^♪♪

そんなことを思いながら、
今日もまたエレベーターに乗り、
そして、降りるのでした…



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

人生の可能性を広げるものはすぐそこに!〜世界一周旅行の夢をも叶えてくれる『パスポート』に気づくということ〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】