花は咲く-歌詞付動画有り♪: 日々前進で未来創造

【はじめに:このサイトが届けているもの】
夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して「現状の自分」を「行動体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...


ーーーーーーーー

花は咲く-写真

 
25,000km先に誰もがみたことない世界があった。

しかし、そこにいくのに、歩いていくのは気が遠くなるほど遠く、骨が折れる。

そんな時、とある村の神童として育った天才・Mジーニアス。

持ち前の天才的頭脳と野望に満ち溢れていたその天才は、ある時、35000km先にある前人未到の地に行きたいと、ふと思った瞬間、無性にその地に行かずにはいられなくなった。

そこで、Mジーニアスは、ブツブツと独り言を言いながら一つの考えに至った。

歩いていく、という概念であれば気が遠くなるほどの時間と労力がいる。。。

でも、馬車のような乗り物、そうだなあ・・・
速く且つ継続的に目的地まで突っ走ることの出来る、
そんな乗り物を作れば、そこにいち早く到達出来るのではないか。。。

そこで、馬車を参考に、馬に取って代わるエンジンになるものを考え始めた。

馬が継続的に走り続けるエンジンにとって変われば、
問題は故障した時の修理器具と、
そこにたどり着くまでに自分にとって必要な食料品の確保の問題だけになる。

継続的に走り続けるエンジンとはなんだろうか?
(自問することは、いつもの癖である)

そうだなあ。。。

そういえば、友人マリーのオヤジが、以前、
「停電だ!停電だ!!」と言いながら、
自転車を漕いで電気を作っていたなあ。。。

あれを使ってみようか。

あとは・・・
やはり、自然界に現時点では当たり前にある太陽光を使おう

これをミックスすれば、永続的にこの乗り物「リプレイス・ジーニアス」を
走らせることが出来るだろう

仕組みとしては、
(動き出すまで) 発信するまでが一番のエネルギーが必要となるため、
発信に必要なエネルギーを溜め、一度走り始めたら、マリーのオヤジの自転車の原理で常時、電気を溜めてはそのエネルギーを走るためのエネルギーに変え続けるというもの

ジーニアスは、ひとたびイメージしている乗り物が鮮明になると、
ジーニアスの夢を叶えてくれる乗り物「リプレイス・ジーニアス」の設計図を書き出し、
わずか数日程で書き上げた。

その後、町工場に行ったり、村長に人を紹介してもらったり、
居酒屋で情報収集したりと、着実に前人未到の地に辿りつくべく
材料を集めていった

それからというもの、月日が経つのはとても早かった・・・

情報収集の中で、一部、
新型の乗り物「リプレイス・ジーニアス」の設計図に修正を加えたものの
ほぼイメージ通りの乗り物が完成した。

-----

-----

要した時間は15年。

彼はふと、前人未踏の地に辿り着くこと以上に、
「リプレイス・ジーニアス」を作っている毎日が
とても充実しており、幸せだったことに気づいた

それは、自分の描いていた夢に近づくことへのワクワク感と、
「リプレイス・ジーニアス」を完成させるまでに携わった仲間との
暖かさと笑いで溢れる毎日の何にも変えられない「あの感じ」だ。

Mジーニアスは、いつしか口癖になっていた言葉があった。

「皆さん、ありがとうございます」
「おかげさまです」

15年で完成できたのは、Mジーニアスの夢に対する情熱に
賛同し、協力してくれた100人もの仲間のサポートのたまものでもあった

「さあ、こいつに乗って行こう!前人未到の地へ」

彼は、村中の人々に見守られながら、村を出発した

Mジーニアスは、ノリノリな気分で、自作車を走らせ始めた

しかし、発信して300Km地点付近に広がるオアシス都市に
差し掛かったあたりで、急に眠気が襲ってきた。。。

「少し疲れたようだ」と、ジーニアスは独り言をぼそりとこぼし、
オアシス都市の入り口近くの宿屋の影になるところを探して、停車し、休むことにした。

その後、Mジーニアスは、眠りから覚めることはなかった・・・

ある村人に告げられた宿屋の亭主が彼に近寄ると、
Mジーニアスからの一つの送りものがあった。

彼はその乗り物の中で最高の笑顔を残していた。
Mジーニアス氏は既に、90歳を迎えていた。。。

————
その後、その都市では画期的な乗り物の開発者であり、冒険家として、
天才・Mジーニアスは崇められ、都市のど真ん中の噴水の横に銅像まで
建てられた。

それから1年、またもや前人未到の地に行きたいと願った者が現れた。

若干23歳のイケイケの若者

彼は、もう一から画期的な乗り物を作る必要はない。

それは、先人(Mジーニアス氏)が既に作ってくれたものがあるからだ。

先人が残したものを使いこなすためには、
使いこなす土台となるもの、「コア」なもの、
例えば、好奇心、勇気、感謝などが必要となるのだが、
彼は、既にその「コア」なものを全て持ち合わせいた。

(一年もの間、Mジーニアス氏をスゴイと賞賛するものはいても、その乗り物を使って未開の地に行こうとする者はいなかった。)

そしてその5年後、
天才・Mジーニアスの夢、そしてその若者の夢は、
その28歳となった若者によって達成された

(私たちの行いは、日々積み重ねられ、そして未来に繋がっていくのです。今日は明日に何を残したのでしょうか…)[完]

*このエッセイは自作でありフィクションです。

「二部合唱-花は咲く(歌詞付)」*youtubeより







関連記事

【著者:佐藤たいわ(Taiwa Sato)】


(マーク・シューベルト氏:米国・オリンピック水泳競技・元監督、北京オリンピックにて前人未踏の8冠を達成した「マイケル・フェルプス氏」の生みの親)

次世代教育プログラムPX2公認ファシリテーター
Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ

ベトナムの首都の雰囲気

最近とうこうしたの♪

  1. dragon_waters_god
  2. temple of Thailand,
  3. ココナッツの実_ハワイの空

My Instagram ♪ フォロワー数:約2500人^^〜

おすすめ記事

COCOACANAとは ♪

ここあかな_画像

COCOACANA[ここあかな]は、「思えばかなう」「内側(心・考え方)を変えれば、外側(身の回りの出来事やその環境・人生)は良くなる♪」

が集まる情報サイトです♪♪
-------------------------------

全ての原因は環境(外側)の問題だけではないかもしれません...続きを読む

好きな言葉♪

・出会えてよかった^^
・これから、これから!
・こころ / 愛情
・協調 / コラボ
・この事から何を学べるかなあ?
・大丈夫、イケるイケる
・積み重ねだよ
・次につなごう
・進化していますか
・夢へのチケットは今持ってるじゃないか!
・今日面白い事あった
・好奇心は大切にね!
・感激 / すっご!
・ありがとうございます
ページ上部へ戻る