アマゾンに学ぶ!イオンの格安タブレット戦略の裏側

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

イオンが2015年2月より「イオン得するタブレット」サービスを全国350店舗で開始した。

月額は端末・通信費合わせおよそ2,354円とのことで、イオンタブレットを販売する目的の一つには、イオンが提供するアプリが”導入”されており、チラシ閲覧やネットスーパーでの注文を簡潔・スピーディーにすることにある。

もちろん、紙媒体での広告費の削減にもつながる。(”導入”されているようなので、タブレット備え付けの削除不可なのでしょう…要確認です♪)

現在は、イオンタブレットを中・長期的に利用することで蓄積される、ネットスーパーや通販の検索・購入履歴より「個々の利用者に最適化された『おすすめ商品』機能」を盛り込むことも検討中だそうだ。

実は、この戦略は、既にアマゾン・ドッド・コム(Amazon.com)がアマゾンタブレットのキンドル・ファイア(Kindle Fire)で採用されており、これからの時代の主流になりつつある。

[ad#cocoa2]

(個人的に気になったのは、食材についてデータに頼りすぎるとマンネリ化や偏食を招きかねないという所だが、その辺りも解決出来る機能は搭載されているのだろうか…)

支払いに関して、イオンが始めた今回のサービスは、一ヶ月を通して、まとまった買い物をする方にはとても嬉しい内容になっている。

-----

-----

現在、イオン(イオンリテール)では、店舗だけでなく、ネットスーパーや通販もやっていることは周知のことだが、月額で5万円以上(税別)の購入があった際には実質無料になるよう

しかし、気になるのは、タブレットに搭載されたOSが余暇を楽しめる等、
日常生活でも存分に利用出来るかということだが、OSはAndroid4.0とのことで悪くない。

(画質の方は、500万画素で既存の大手タブレットより見劣りしている。)

世の中の流れが、情報の「アプリ化」傾向にある。

つまり、一度、あるアプリを使い出すと、そこからの情報のみで ”お腹いっぱい” になる、情報の ”偏食” が起こりやすくなっている

様々な企業・媒体で囲い込みによる顧客獲得を試みる中で、ユーザー(消費者)は情報・サービスを受け取っていくこととなる

今後も益々増加する情報量に対し、

「個人の目的を達成するために、自分には何が必要なのか(自分軸)」を明確にしていないと、生きて行く上で、”道に迷ってしまう” 厄介な事態に巻き込まれそうだ。

(参考:日経新聞, 2015/3/26現在,”イオンがアマゾン的誘客術、格安タブレットで通販へ“/イオンHP, イオン得するタブレット, 2015/3/26現在)

[ad#cocoa3]


【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

人生の可能性を広げるものはすぐそこに!〜世界一周旅行の夢をも叶えてくれる『パスポート』に気づくということ〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】