大谷翔平の目標達成用紙に学ぶ:超一流の人がやっている習慣とは?_写真/画像付

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

以前紹介した、現日本ハムファイターズでプロ野球選手として活躍する大谷の目標達成用紙は、ナイナイのスペシャルテレビ番組「超一流の作り方」や、その他ネットの色々な所で話題になっています。

大谷翔平選手の夢実現シート『目標達成用紙』を作る際の陥りがちな落とし穴 〜『理想の64マスの小目標と大目標を決めるのに大事なこと』編 〜ダウンロード用テンプレート付

2017.06.22

Perfume★のっちのマイペースなエピソード〜卒業文集で家族の温かさ軸に夢を叶えた天然でない のっち "目撃"?_夢実現コンフォートゾーンを当ブログで発見!

2015.05.24

私たちの生活の中では、うまくいったり、うまくいかなかったり、色々なことが起こります。

しかし、

うまくいく(目標達成する・成果をあげる)場合と、
うまくいかない(どれだけやっても結果が出ない、失敗ばかりで前に進まない)場合は、
どちらにも法則、原理原則があります。

もともと知っていたのか、そうでないのかはわかりませんが、一流(超一流)として各業界で活躍する人たちは、結果を出すために同じ(ような)言葉を使い、同じ(ような)行動をとっています。

それを今回は、大谷選手の目標達成用紙をもとにヒモ解いていきます。

(超)一流の人たちの習慣:ランチェスター戦略

プロ野球やサッカーその他、様々な業界の最前線で活躍される(超)一流と称される方々は、必ず一定期間、特に、全体の基礎作りの時期において「ランチェスター戦略」を知ってか、知らずか使っています。

この「ランチェスター戦略」は、よく企業のマーケティングでよく使われる言葉です。

これは、「強者の戦略」に対して「弱者の戦略」と言われることもあります。

ランチェスター戦略とは、行動の「一点集中」によって専門分野のみのレベル(質)を圧倒的に上げ、強者に勝つための戦略のことです。

図にするとこんな感じです。

<強者の戦略> *ターゲット(目標物)に対して、(行動が)全体に分散された状態でありながらも押し切っていく。(企業でいうと大企業的)


dispersion
<弱者の戦略(ランチェスター戦略)>*ターゲット(目標物)にたいして、「全エネルギー(行動・思考の方向)」をある一点に集中させ、「差別化(高いレベル・質)」を図る。(ベンチャー企業的)


Lanchester_strategy
これは、戦争や企業間の競争でもよく使われる方法ですが、この「ランチェスター戦略」は、実は、スポーツや勉強の「実力社会」においても応用ができる万能な考え方です。

一流、超一流と称される人たちは、成果が出なければ明日にでも「席」がなくなってしまうような実力社会にいる訳ですが、その実力社会で一番大事になるのは「軸(自分軸)」です。

(もちろん、これは実際には誰にでも重要なものですが)

その「軸(自分軸)」は、
「『絶対に叶えたい』夢」であったり、
「身につけたい(誰にも負けない)スキル」であったり、
「『絶対に就きたい』仕事」であったり、等

夢、願い、スキル、何であってもOKですが、
絶対にゆずれないもの、負けないものが軸になります。

(しかし、多くの場合は、夢や願いよりも、なしかしらのスキルが「軸(自分軸)」になるのではないでしょうか)

今回の大谷選手の目標達成シートであれば、「ドラ1_8球団」が軸です。

そして、

-----

-----

「軸」を作ったら、次にすることは、

「細分化」です。(目標達成用紙では、「ドラ1_8球団」以外の部分)

ここで、大切なことは、一流(超一流)になりたいと思い、
「細分化」を試みた時、どのような項目が「細分化」としてあげられるべきかということです。

「細分化」の方法はとして一番効果的なのは、真似ることです。
(実力社会では、「盗む」とも言いますが…)

「この人のようになりたい!」という憧れの人、あるいは、
「この人(このチーム)には絶対勝ちたい」という人(チーム)をまず観察します。

何を日々行っているのか、細かく観察します。

そこには、他と差をつける「良い結果をもたらす違い」があるはずです。

それら「細分化」項目の最も効果がありそうな上位9つ挙げ、

そして、どのくらいの「量」やっているのかも把握し、その人の「三倍」やる。

このプロセスを踏むことで、何においても業界の一流になることができます。

「一般」 VS 「一流」 VS 「超一流」

・一般は、みんなと「同じ量」をやる
・一流は、みんなの「三倍」やる
・超一流は、みんなの「十倍」やる

こう言うと、こんな声が聞こえてきそうです

「でも、実際、3倍とか10倍とかそんなに継続してできへんやろ?」

しかし、スマホなどのゲームで3時間以上、10時間、あるいは一日中やった経験はないですか。

「好きこそものの上手なれ」
という、ことわざがありますが、本来、好きなものならば、私たちはどれだけでも時間を割くことができます。

赤ちゃんは、いつも何にでも夢中になり、そしてあっという間にうまくなります。

「軸(自分軸)」は、他人の目を気にせず、自分の心の声に耳を傾け、「好き」で作るべきと言えそうです。

まとめ(一流、そして、超一流になるプロセス)

① 「好き」を見つけて「自分軸」を作り、達成に「集中する」 (目的・夢設定と据えてもOK♪) → 目標達成シートの「ど真ん中(センター)」を設定し、一日の時間を「達成するための時間」に出来る限り割く(そのことを考え続けることももちろん含まれる)
② 自分の「好き」の業界の一流(超一流)を本や雑誌、インタビュー、特集などで観察する → 「細分化」項目設定
③ 一流人の観察によって「細分化」されたものの「量」を把握する
④ 細分化された「量」を「3倍」やる、行動する (超一流人は10倍やる)
(時間/日に関して、一流は8時間、超一流は16時間と言われることがある)

日々精進〜

夢や目標に向かっていると、毎日が楽しくなりますね♪

いつも最後まで読んでいただきありがとうございます。

Taiwa Sato

目標達成用紙の作り方(方法) - 大谷が高校時代に実践したものとは(目標用紙ダウンロード用excelテンプレート/写真/画像付)【改訂版】

2017.10.09

大谷翔平等、一流選手の成績を支える【自分を磨き成長する「成功ゾーン」】を考える_写真/画像付(改訂版)

2017.08.14

大谷翔平選手の夢実現シート『目標達成用紙』を作る際の陥りがちな落とし穴 〜『理想の64マスの小目標と大目標を決めるのに大事なこと』編 〜ダウンロード用テンプレート付

2017.06.22

好きな曲「Can’t Hold Us」
by Macklemore & Ryan Lewis



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

(Podcast用)想えば理想に近づく夢ノート-ここあかな_『自分の設定した目標は良い目標か?』をチェックしてみる!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】