ぶつぶつ独り言をいいながら①…行動を起こすきっかけ作りって大変?

【はじめに:このサイトが届けているもの】
夢/目標をかなえる方法:「①成功体質になる」「②夢・目標(行き先)を設定する」「③夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「④実行(行動)する」のみ

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、その「現状」「成功体質」に変え、ちょっとでも前に進んで歩く「ヒント」を届けています。
♣︎好きな言葉♣︎:やろうと思えばいつでも出来る!人生は始まったばかり♪

♦︎ためになりましたら「いいね♪」お願いします^^♦︎



-----


ぶつぶつ独り言をいいながら考えていました…

目的を立てよう!

目標を立てよう!!

って、言うけど、そもそも行動を起こすこと、
行動を継続して起こし続けることって、
実際、大変やで…

(内側にいる、リトルTaiwaも、こんなことを言っていました)

「目標を立てても、一番最初に「行動」すること
それ自体が難しんじゃい (…ぶつぶつと独り言①–;)

実際、行動が最初からできるなら、
誰も困らんわ」 (…ぶつぶつと独り言②–;)

そうです。

目的を設定し、それを達成するための目標を立て、
行動を起こすことが大切なことは誰だってわかっています

何かをやろうと思った時の一番最初のアクションとなる行動を
起こすこと(重い腰をあげること)が難しんです

加えて、その重い腰を上げ「続けること」はもっと大変…

でもちょっと気になったことがあります

—————————————-
汗をかいたらクーラーをつけているじゃなか!?
—————————————-

あなたは汗をかいたら、どんな行動をとりますか

・うちわで仰ぎますか
・扇風機をつけますか、それとも
・リモコンで「ポチッとにゃ!」クーラーをつけますか

私たちは、汗をかいたら何かしらの「アクション(行動)」を起こしています

これは大発見!!!!

というほどでもないですが、
私たちはこの「汗をかいた」時の「アクション」を起こす時、
果たして、

「がんばろう!」とか、
「努力しなくっちゃ!」とか、
「見返してやる!!!」とか、

そんな感情はあるでしょうか

おそらくないです。

じゃあ、もし、この現象を私たちの行動を起こすきっかけとなってくれる
「やる気スイッチ」に応用することが出来れば、
「意図的に」行動できる習慣を身につけて、
「意図的に」行動を継続できる生活を送れるかもしれません

これができるならば、私たちが描いている目標だったり、
夢だったりの大部分はかないそうです。

(もし、ある分野を20年、30年熱心に取り組んでいるものがあれば、誰でも職人です)
(もちろん、トップ階層に近づくにつれ、継続による「量」に加え、一層「質」も問われますが…)

———-
目標の立て方のヒントになる記事:
人生の正確な目標設定・立て方で自分を見失うことなく行動する方法とは
———-

-----

-----

—————————–
内なる自分と対話する
—————————–

私たちは汗をかけば、行動を「自然と」起こすようです

しかし、これは “熱くなる” という 「外的要因」
つまり、外側から来る原因、環境変化によって行動を起こすことができました。

私たちの祖先(原始時代、そしてそれ以前から)も同様に、
この「(過酷な)環境変化」という自然の変化を 行動を起こす第一のきっかけ(動機) にしてきました。

それは、現在でも同様で、私たちの人生の多くは、
「外的要因」によって、初めて行動をスタートしているように感じます

・相手に負ける → がんばろう
・怒られる → 怒られない程度にやっておこう
・お金がない → 働こう

であるから、

「環境が人を作る!」という言葉ばあるように、
「環境を変えれば、人は変わる」ということがよく起こるわけです

しかし、自らの意思で環境を変えて「外的要因(環境の刺激)」を作っている場合は良いのですが、
基本的に、自然に発生した外的要因は

「やらなければならない!」
「自分はしたくない!!」

という感情の中で、動かなければいけない自分を作りだす傾向にあります。

実は、「外的要因」ともう一つ、私たちの「行動を起こすきっかけ」になるものがあります

行動を起こすきっかけになるものには、
先ほどより触れている「外的要因」「内的要因」の二つがあります

私たちはもう気づいていますが、「外的要因」によるきっかけから来る「行動」は、
私たちに「やらなければいけない!」ストレスな感情を運んできます

それとは対照的に、「内的要因(心の中から)」、つまり「自発的に」起こした行動
「やりたい!」という気持ちを運んできてくれます

では、どうしたら「内的要因」となる、心の内側にいる「私」を呼び覚ますことができるのでしょうか

Taiwa Sato

<パート②に進む>

(pic from deviantart)

好きな曲:童神 ~私の宝物~ /城 南海(きずきみなみ)







関連記事

【著者:佐藤たいわ(Taiwa Sato)】


(マーク・シューベルト氏:米国・オリンピック水泳競技・元監督、北京オリンピックにて前人未踏の8冠を達成した「マイケル・フェルプス氏」の生みの親)

次世代教育プログラムPX2公認ファシリテーター
Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ

今を生きるための言葉〜未来は明るい♪

友達に紹介する♪

最近とうこうしたの♪

  1. ココナッツの実_ハワイの空

〜 My Instagram ♪ 〜

友達に紹介する♪

おすすめ記事

COCOACANAとは ♪

ここあかな_画像

COCOACANA[ここあかな]は、「思えばかなう」「内側(心・考え方)を変えれば、外側(身の回りの出来事やその環境・人生)は良くなる♪」

が集まる情報サイトです♪♪
-------------------------------

全ての原因は環境(外側)の問題だけではないかもしれません...続きを読む

好きな言葉♪

・これから、これから!
・こころ
・進化していますか
・次につなごう
・継続してみる
・協調 / コラボ
・イケる、イケる
・ありがとうございます
・感激
・何を学べるだろうか
・日々、前進
・大丈夫、大丈夫
・積み重ね
・夢のへチケットは今持ってるじゃないか!
・今日、おもろいことあった?
ページ上部へ戻る