行動を起こすきっかけを作り、人生をより一層好転させる方法とは?「人生」のご利用は計画的に!?

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

★タイトルコンテンツ★

2つの要因「外的要因」か「内的要因」かのどちらかのきっかけによって、私たちは行動を起こすことを前回記事で触れていきました。

ぶつぶつ独り言をいいながら①...行動を起こすきっかけ作りって大変?

2016.06.21

「内的要因」、つまり、心の中にいる「私」に「意図的に」働きかけることができれば、
私たちは、自発的に「やりたい!」気持ちになり、自然に行動を起こせるようになり、
結果、夢(やりたいこと)に近づくことができることはもう分かっています。

そのヒントは「感情」です

ここで押さえておくべきことがあります。

私たちは、二つの感情「快楽」「苦痛」を使い、
日々の生活の中での出来事を選択し、行動しています。

人は、「苦痛」から逃げ、「快楽」を求める選択と行動をとる傾向があります


【苦痛から逃れたい!という感情のきっかけから行動するパターン】

・うううう〜!!!!! (寝て入られたいくらい)めっっっちゃ、お腹が痛い〜!!!!
「行動」→多少、診察料や薬の代金が高くても、治すための行動をとります

・最近、薄毛がひどくなってきた…
「行動」→育毛できる情報を集めて試してみる

・みんなからバカにされる…
「行動」→何か行動し、バカにされないように準備し始める

・最近、口が臭いと言われることがよくある
「行動」→食後には、必ず歯を磨き、定期的にガムを食べる、

・不満と後悔ばかりの人生で終わらしたくない
「行動」→満足のいく人生を送ろう!早速、前からやりたかったあれをやってみようか! などです

次に、快楽についてです

【快楽を得て、いい気分になりたい!という思いをきっかけに行動するパターン】

・最近、肩の凝りが特にきになるなあ…
「行動」→全身マッサージを受ける

・今日は、ボーナスが入ったから美味しいご飯でも食べたいな
「行動」→前から行きたかった、回らないお寿司屋さんでご飯を食べる

・おっ!あんなところに新しくできた温泉があるじゃないか!
「行動」→ちょっと、一風呂浴びる

・最近、旅行に行けてないなあ
「行動」→次の連休にハワイに行こう!

この上記、2つの感情「快楽」と「苦痛」のうち、
もっとも行動を起こすきっかけになるのは、
「痛みから逃れたい!」という「苦痛」に関連する出来事です。

ということは、もし、この「苦痛」という感情を意図的に発生させて自発的な行動を起こすことが可能であるならば、「自分の望む夢や目的」を叶えることが今まで以上に格段に簡単になりそうです。

もし、自分自身を変えられるなら、
自分の取り巻く環境、世界も変わるだろう。
(マハトマ・ガンジー)

reference from nytimes

不満を持つことはいいことだった?

あなたは、「不満」という言葉聞いてどんな印象を持ちますか?

マイナスイメージでしょうか?

それとも、

プラスイメージでしょうか?

おそらく、「不満」という言葉に対して、
多くの人はマイナスイメージを持っているのではないでしょうか

「不満をタラタラいうな!」と言われた経験が、私にはあります…笑)

しかし、コーチングの世界では、
「不満」は、良い意味で解釈されます

えっ!?そんなことあらへんやろ!?

と、今、思われた方、この記事を読み終える頃には
今までの心のモヤモヤが飛んでいくはずです^^

-----

-----

「人生を変えるには、まず、『自己否定』することから始めてください!」
という方がいます。

言い方は様々ですが、つまりは、今に「不満を持つ必要がある」
ということです。

しかし、その「不満」は、意味ある不満である必要があります。

それは、

「今年立てた目標を達成してくれる不満」
「夢を叶えてくれる不満」
「将来を切り開いてくれる不満」

でなくてはならないのです。

サッカーの本田圭佑選手のインタビューなどは「不満をうまく使っている」ように感じられるので、テレビなどで見かけた際は本田選手の言葉に耳を傾けてみてください。

自分自身の性格・行いを改める時、
あなたが見ている世界の態度は、
あなたの変化に答え出すのである。
(マハトマ・ガンジー)

reference from nytimes

本田選手をこれまで、テレビ(なかには間近でみたことのある方もいると思いますが、)などで見て、どんなことをあなたは感じたでしょうか。

僕が本田選手から感じた “心の言葉”は、

こんなんじゃいけん!

今のままじゃいけん!!

という 「不満(自己否定)」 ものです

ここで押さえておくべき大切なことは、
「不満」や「自己否定」というものが、
「自分は何もできない、ダメな人間なんだ」という考えではなく、
「自分はもっとできるのに、何でこんな所で足ぶみしてるんだ!」のような
「出来る自分像」を持っていること、自分と向き合っているということです。

(「なぜ自分はダメなんだ(どうしたらうまくいくだろう)」という自問よりも、
「出来る自分は、なぜ今回失敗したんだろう」と自問した方が
自信を持てる感覚がありますよね?)

人は、日々使っている言葉で「自分像」を作っていきます。

自分が日々使う言葉が、自分像を作って、世界観を決めています

自分像は、セルフイメージ(自己のイメージ)と言われることもありますが、
ポジティブ(前向き)な言葉を (最初は気にして) 使っていくだけで、
良いセルフイメージができて、人生が夢に向かって好転するなら
ちょっと試してみる価値はありそうですよね

(私が一番初めてに取り組んだことは、良いこと悪いこと何かあれば「ありがとうございます」を口ぐせにすることでした。ぜひ一週間試してみてください。特に嫌なこと、悪いことに対してとりあえず「ありがとうございます」という習慣は、すぐに劇的な「気づき」を得られることでしょう^^♪)

「不満」は、悪い感情ではありません。

そして、私たちは「不満」という感情を夢を実現してくれる「エネルギー」として利用することができます。

まず、自分が夢見ている世界を実現している人の、

動画を見たり、
本を読んだり、
講演会に行ったり、
(試合)会場に行ったりして、

自分の目指す世界の雰囲気、
空気感を日々感じることに時間を使っていきましょう

すると、

夢に向かう「不満」という感情が心の奥深くにいた「(リトル)私」に声をかけてくれます

もっとできる、こんなんじゃいけん!

Taiwa Sato

好きな歌:ゆず「OLA!!」



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

めでたい日なのに、抱えることのあるストレスと上手く向き合う方法とは❓✋😳

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】