チャンス襲来はない?引き寄せの法則には受け取りの力が必要だったみたい!

【はじめに:このサイトが届けているもの】

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して「現状の自分」を「行動体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

[ad#cocoatop] あなたは、「願いは、かなう」と思いますか

あなたは、「夢は実現する」と思いますか?

実際には、私たちの周りにはチャンスは本当にたくさん転がっています。

ただ、それらのチャンスに気づかない自分がいるだけ、
というのは、これまで「ここあかな」を読んでくれているあなたであれば
もうわかっていることです。

[ad#cocoa11]

例えばですが、

今日、アリさんを何匹みましたか?
今日、スズメを何羽みましたか?

1匹(1羽)ですか?
2匹(2羽)ですか?

では、もし、明日、

「どんなアリでも捕獲してくれた人に、1匹あたり100円」
という政策が出来たらどうでしょうか?

ant_cocoacana

(pic from deviantart)

あるいは、
「スズメを捕まえてくれた方には、1匹あたり5,000円」
という政策が出来たらどうでしょうか?

the_dancing_bird_cocoacana

(pic from deviantart)

ありさんを正確に数えることができるかはわかりませんが、
そのあたりにいるアリさんをごっそりスコップで1すくいすれば、
100匹はいるのではないでしょうか(100円×100匹=10,000円ですよね)

スズメならば、2匹で一万円です。

それでも、足元をすう〜〜〜〜〜〜っと歩いているアリさんに全く気がつかないでしょうか?

言い方は悪いですが、「100円が歩いている」訳です

空や木の枝にも注目し始めるのではないでしょうか。

だって、5000円のお札が「ひらひら」と舞っているんですから…

おそらく、昨日より、おとといよりずっと、ありさんやスズメさんが目に止まるはず…

そうです。

これまで、私たちは、ただそれらを認識してなかっただけ。

では、なぜ「アリさん」と「スズメさん」という「チャンス」を認識できていなかったのでしょうか?

実は、いなかったのでしょうか?

成功できる人っていうのは、

「思い通りに行かない事が起きるのはあたりまえ」

という前提を持って挑戦している。(トーマス・エジソン)

[ad#cocoa2]

———–
チャンス襲来は一生来ない?
———–

ちょっと矛盾した話になりますが、
テレビや雑誌などで見聞きするような人生を(大きく)変えるチャンスは
実は一生やってきません!

えっ!? そんなはずあらへんやろ?

そうなんです。

私たちには一生チャンスは来ないんです!

どういう意味かというと、
先ほどの「アリさん」と「スズメさん」の話を思い出してください。

最初は、気にも止めていなかった「アリさん」と「スズメさん」は、
もともと、足元にも、空(木の枝)にもいました。

しかし、気づきませんでした…

100円(ありさん)、5,000円(スズメさん)はという「チャンス」もともと目の前にあったのです。

これは、言い換えると、100円、5,000円をつかむチャンスがあったということです。

にも関わらず、アリさん、スズメさんに気づかなかったのです

——
チャンスを引き寄せる時、受け取りの力も必要?
——

energy_cocoacana
(pic from deviantart)

しかし、私たちは「あるタイミング」から、アリさんとスズメさんを認識できるようになります。

それは、

「ありさんが1匹100円になるから、捕まえようかな」
「スズメは1羽5,000円になるなら捕まえたいな」

というちょっとした「目標」です。

私たちは目標を掲げた時に初めて、
目標に向かうための色々なチャンスが見えてきます

チャンスが見えてくることを、
「チャンスを引き寄せられる」 と言う人もいるかもしれません。

しかし、

ありさんが、目の前にいても、
スズメさんが足元に止まっていても、
カゴか網がないと捕獲は極めて大変です。

そうです。

目の前にチャンスがあって、
そのチャンスに気づけたとしても、

その準備ができていないと、
そのチャンスを受け取る準備(力)がないと
チャンスはチャンスではなくなってしまうのです。

知っている方も多い思いますが、
ギリシャ神話のカイロスの話を引用して、
高校野球の甲子園の実況では、よくこんなことが言われます

「チャンスの神様(勝利の女神)は前髪しかない」

-----

-----

引き寄せる行動を取ると同時に、
受け取る力もその時、発揮しないといけない…

勝つチャンスがあっても、
勝つ(心の)準備ができていないと、
心は「負けるように」私たちをわざわざミスさせ、
負ける結果に導きます

[ad#cocoa2]

困るということは、
次の新しい世界を発見する扉である。
(トーマス・エジソン)

——
実話:カナダ生活全財産$2.5
——

私は、大学生時代にカナダ・バンクーバーにワーキングホリデーをしに行った際、
「現地人の多い職場で働きたい!」という思いがありました。
(カナダと言っても、アジア人、日本人は結構います)

そういう思いがありながらも、
現地人の多い職場に履歴書を出しに行こうとしても
なかなか足が進まない…

「今は忙しいから後にしてくれ!」
「マネージャーは今取り込み中だから、後日にしてくれ!」
「また、電話かけるから、とりあえず、履歴書をそこに置いといてくれ!」

これは、ちょっとした断り文句…

「今日もチャンスがなかった…」と、諦めて帰宅する日々が続くこと、
財布を見れば数セントしかない、銀行口座には2ドルだけ…

そこまで英語もできる訳でもなく、
海外で、全財産$2.5はネタ以外の何ものでもありません…

(こんな下ばかり向いてる腐っているやつ、とっとと日本に帰りやがれ!)

心の中にいる 「リトルTaiwa」 は、そう私に言いました。

前に進むしかありませんでした。

前に進むしかないと決めた瞬間、
道が開けた感覚がありました。

それは、

これまで 「チャンスではなかったものが、チャンスになった瞬間」でもありました。


あるイタリアン・レストランに入りました。

入り口付近には、イケメンのバーテンダーがカクテルを注いでいます


bartender_cocoacana

(「イヤイヤ、無理でしょ〜」と思いながら)
働く場所を探すため、声をかけました。

「今、皿洗いか何か空いているボジションはありますか?」
と聞くと、

「いや〜、今、マネージャーは面接中で、手が離せない!また今度にしてくれ!」

(いつものやつです)

しかし、後がない私はいつもと違いました。

(これは、チャンス!)

これまで「チャンス」があってもチャンスと思わなかった私に、
チャンスが舞い込んできたのです。(そう思えたのでした)

(私は、そこで働く心の準備/受け取る覚悟できていました。

マネージャーがいるのならと、
「であれば、マネージャーの手が空くまでここで待っています!」

そうイケメン・バーテンダーに告げると、

「ちょっと、待ってください!」と言って、イケメンバーテンダーはバックに下がり、
数分後、マネージャーと一緒に出てきて…

(私は、現地人が95%ほどが働くレストランという理想の職場で働くことができました)


anducci's taiwa_cocoacana
帰りのチケット代もない、
来月分のホームステイ代もない
崖ップチの私でしたが、

これをきっかけに、

しっかり飛行機の帰国チケットも買って、
自転車を買って、いろいろな所をサイクリングするなど
カナダのどん底生活を抜け、カナダ生活を満喫したのでした…

Taiwa Sato

[ad#cocoa3]

好きな歌:「ライフイズビューティフル 」
by ケツメイシ

〜おまけ〜

カナダ・バンクーバー有名人気スポット
「スタンレー・パーク」

Vancouver-stanley-park1
(pic from wiki)

stanley_park_cocoacana
(pic from socialshopper)

vancouver-wallpaper_cocoacana
(pic from feelgrafix)



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast(Instagramより)ほぼ毎日更新!

【夢にっき】『生き方』で大切にしたい考え方 – タイ・バンコクの自然と共存するワンちゃんを見て感じたこと

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】