カツオノエボシというクラゲが夏の時期にフグの1000倍の猛毒を放つ?刺された時の応急処置方法とは?捕食動画有

-----

美しきクラゲ「カツオノエボシ」。

カツオノエボシは、クダクラゲ目カツオノエボシ科に属する刺胞動物。

(tips from wiki)

写真で見て分かるように、青く透き通っており、
手にとってみたくなるくらいに、とても美しい。

しかし、長さ10メートル以上もあると言われる「足」には、
フグと同等の猛毒、加えて、多種の毒も体に蓄えており、
フグの毒の約1000倍危険と言われることもある。
[ad#cocoa11] カツオノエボシの足には、毒ヤリの入った細胞があり、
外敵によって刺激されると、「(綺麗な色に)変色」し、
毒ヤリ入りに細胞から毒ヤリを発射する…

3月頃に日本・九州の海に生息し始め、
5月に、四国付近、
7月〜9月の海水浴シーズンには、
全国の海に出没

引き潮によって、浜辺に上がっていることが
あるようですが、「猛毒を持っている」ということを
しっかり知った上で、観察したいものです。

[ad#cocoa2] —–
どれだけ危険?
—–


katsuonoeboshi(pic from karapaia

刺されてしまうと、神経障害やショック症状、
刺された人の健康状態によっては、死に至る場合もあるとのこと
(reference from wiki)

-----

-----

綺麗で美しいため、興味本意に近づいてしまいそうなカツオノエボシですが、
「刺されても、赤くなって、ヒリヒリするだけ、痛いだけ」
で、すまない場合が多い危険なクラゲです。

カツオノエボシの捕食動画

—–
もし、「カツオノエボシ」 の足がひっついて刺されたら?
—–

私たち人間も同じですが、
生物の一種である美しきクラゲ「カツオノエボシ」も同じで、
攻撃するときは、危険を感じた時、
自分の身を守ろうと攻撃します。

なので、刺されてしまった場合は、
もともと住み慣れた環境のもの「海水」をかけるか、
「海水」につけるかすると、いいとのこと。

そして、刺された部分と心臓の間を何かでしばり、
毒が回らないようにすると、悪化を押さえられるよう。

その後は、自分たちで処理・対応せず、
直ちに病院で診てもらう必要がもちろんですがあるようです。

夏の海水浴シーズンは、心がウキウキで
危険なものには、なあなあになってしまいがちですが、
何かあれば、「楽しい時間」も一瞬にして「地獄になります」

一線をしっかり引いて、しっかり楽しい時間を過ごしたいものです…

(eyechatch-pic from pluscatch)
(reference from 林先生の今でしょ,2016年6月28日放送分)

[ad#cocoa3]

【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】

【Youtubeでも配信中!!】