夢を叶える次世代教育プログラム「PX2」とは – 子供向けセルフコーチング法

【はじめに:このサイトが届けているもの】
夢/目標をかなえる方法:「①成功体質になる」「②夢・目標(行き先)を設定する」「③夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「④実行(行動)する」のみ

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、その「現状」「成功体質」に変え、ちょっとでも前に進んで歩く「ヒント」を届けています。
♣︎好きな言葉♣︎:やろうと思えばいつでも出来る!人生は始まったばかり♪

♦︎ためになりましたら「いいね♪」お願いします^^♦︎



-----


夢を叶える次世代教育プログラム「PX2」とは 〜子供向けセルフコーチング法〜
*PX2(The Path to eXtreme success 2)

happiness__cocoacana

誰もが、自分を突き動かしてくれる原動力となるものを求めています。

学校、スポーツ、音楽、仕事など、さまざまな分野で、
人より一歩先にいくための力を探しているのです。

でもそれは、脳と心でつくられるものなのです。

人間のすべての行動の基盤は「ものの考え方」です。

考え方そのものが人生の基盤を形成しているといえます。

ですから、自分の脳と心の働きを知ることが極めて重要です。

自分のくせや行動を理解することと、
潜在的な能力を引き出したり逆に阻害したりする人間の
「信念」がどのように形成されているかを知ることが、
人生を積極的に歩む上でとても有用なのです。

PX2は、脳と心の働きを学ぶために、
わかりやすく作られたプログラムです。

認知心理学や社会学習理論、教育理論、
そして機能脳科学といった多くの分野における
長年の研究成果と最先端の知識が生かされているだけでなく、
個人や団体の成功事例から学んだ方法論も組み込まれているので、
人生のさまざまな分野で成功していくための「考える技術」を学ぶことができます。

プログラムは12のテーマに分けられ、
ルー・タイスとアントワン・リチャードソンの2人による
それぞれのテーマについての解説がDVDに収められており、
認定されたファシリテーターは受講者が学びをスムーズに吸収できるよう
導きながら進められます。
a_walk_in_the_garden_cocoacana
受講者は、私たち人間がどのようにものごとを考えているか、
考えるべきか、そしてその考え方がどのように
私たちの行動に反映されているのかといった
基本的な概念を学ぶことができます。

このプログラムによって、
隠されていた能力を思いもよらなかった方法で
解き放つことができるようになります。

実はゴール(目標)の達成というのは、
決して苦行ではなく楽しんで行うことができるものだということが、
すんなりと理解できます。

あなたの生活は、いわゆる「普通の日常」から
エキサイティングで明確な目的のある
「アドベンチャーとしての人生」へと劇的に変わります。


Refreshing

-----

-----

PX2プログラム開発協力者〜

●アルバート・バンデューラPh.D.
スタンフォード大学心理学部社会科学科教授。
国際的に論文引用の多い心理学者「20世紀を代表する100人の心理学者ランキング」4位。
学術誌への執筆多数。

ルー・タイスをはじめパシフィック・インスティテュート主要スタッフとは、
非公式な場においても多くの時間を議論に充て、
TPI教育における「自己効力感」 組織としての効力感」に関するカリキュラム作成に協力。

●マーティン・E.P.セリグマンPh.D.
ペンシルバニア大学心理学部教授、臨床技術教育指導教授。
論文、研究等の功績により、連邦メンタル・ヘルス研究所、
連邦効加齢研究所、連邦科学基金、グッゲンハイム財団、
マッカーサー財団など権威ある機関からの依頼による調査研究の指揮にあたった。
元全米心理学会理事長。

著書「オプティミストはなぜ成功するか」に書かれたマインドの変え方、
人生の転換の仕方、変化をもたらすものともたらさないもの等の考察は各方面で絶賛され、
TPI教育にも大な貢献を果たした。

●ゲーリー・レイサムPh.D.
トロント大学教授会事務局長、1991年度カナダ心理学協会会長。
組織ならびに個人のゴール設定理論の権威で、
TPI教育のカリキュラムに精通

顧問として、TPIスタッフならびにクライアント対象の講演会やTPI世界大会などにおいて、
ゴール設定」フィード・バック」パフォーマンスの高度化」等についての講演を行っている。

●グレン・テリルPh.D
TPIのカリキュラム・アドバイザー。
フロリダ州立大学で心理学修士課程を、
アイオワ大学で同博士課程を修了する。
コロラド大学心理学部長、
リベラル・アーツ・アンド・サイエンス・カレッジ学長、
イリノイ大学学長を歴任したのち、
ワシントン州立大学学長を18年間務める。
同時に全米大学連盟会長、西部高等教育委員会ワシントン州代表として活躍
児童発達心理学研究会メンバー、全米心理学会評議員、全米科学連盟評議員。

その他詳細はこちら(公式ホームページ)


——-
おすすめ関連記事:
チャレンジの本当の意味とは?人生というドラマは辛いだけ?脚本家は自分だった

チャンス襲来はない?引き寄せの法則には受け取りの力が必要だったみたい!

行動を起こすきっかけを作り、人生をより一層好転させる方法とは?「人生」のご利用は計画的に!?







関連記事

【著者:佐藤たいわ(Taiwa Sato)】


(マーク・シューベルト氏:米国・オリンピック水泳競技・元監督、北京オリンピックにて前人未踏の8冠を達成した「マイケル・フェルプス氏」の生みの親)

次世代教育プログラムPX2公認ファシリテーター
Tomabechi Institute認定パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ

今を生きるための言葉〜未来は明るい♪

友達に紹介する♪

最近とうこうしたの♪

  1. ココナッツの実_ハワイの空

〜 My Instagram ♪ 〜

友達に紹介する♪

おすすめ記事

  1. Mima Ito Picture's coming soon

COCOACANAとは ♪

ここあかな_画像

COCOACANA[ここあかな]は、「思えばかなう」「内側(心・考え方)を変えれば、外側(身の回りの出来事やその環境・人生)は良くなる♪」

が集まる情報サイトです♪♪
-------------------------------

全ての原因は環境(外側)の問題だけではないかもしれません...続きを読む

好きな言葉♪

・これから、これから!
・こころ
・進化していますか
・次につなごう
・継続してみる
・協調 / コラボ
・イケる、イケる
・ありがとうございます
・感激
・何を学べるだろうか
・日々、前進
・大丈夫、大丈夫
・積み重ね
・夢のへチケットは今持ってるじゃないか!
・今日、おもろいことあった?
ページ上部へ戻る