おすすめ自作小説:The Root – 第2話「不思議な霊石」【長編】

-----

執筆:砂糖ツバサ

前話に戻る
話は、少しさかのぼる。

2020年春――少女のベン(VEN)は、父の書斎で愛用のヴァイオリンを奏でていた。

3歳から始めたヴァイオリンの音色はいつも周囲の心をなごまし、リラックスさせてくれる。

気がつくと30分程経っていた。

ベンは満足した様子で演奏を終えた後、書斎になにげなく置かれてあった薄茶色の球体の石に心が惹かれ、長い時間、じーと眺めていた。

ベンは「何か、自分の運命と関わりがある!」そんな気がした。

ちょっと重いけどそれを手に取って、テーブルに置かれてあった皿の上に載せた。

なんの気なしにその球体を、手のひらで回してみると、くるくるくる…と回り出した。

ところが不思議なことに、その回転が止まらない。

1時間経っても回り続けている・・・

ちょっと気味の悪い感じがしたベンは、その球体を両手で掴み、元の場所へ戻すことにした。

-----

-----

改めて見ると、球が置いてあった側に何か書かれていることに気づいた。

小さな文字で「ここに地終わり、海始まる」と、詩のようなものが記されていた。

後日、この球体の石について、ベンは父に尋ねみることにした。

「ねえ、お父さん…この石はどこから来たの?」

父は、しばらく言葉が出なかった。

そして…何十年も前に家の畑に落ちてきた、隕石であることを話してくれた。

思い出したくもない、おそろしい出来事のようだった。
(どんな出来事?空中分解っぽい。。。)

そして「ここに地終わり、海始まる」これは何だろうと思い、調べてみると、ユーラシア大陸の最西端、ポルトガルのロカ岬に建てられている、カモンイスの詩であることが分かった。

ベンは「いつしか、そのロカ岬に立ってみたい!」そんな気持ちになっていた。

何か未知の冒険がそこから始まるような予感が、頭をよぎった。

第3話に進む

[ad#cocoa2] [ad#cocoa3]

【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】