おすすめ自作小説:The Root – 第2話「不思議な霊石」【長編】

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

執筆:砂糖ツバサ

前話に戻る
話は、少しさかのぼる。

2020年春――少女のベン(VEN)は、父の書斎で愛用のヴァイオリンを奏でていた。

3歳から始めたヴァイオリンの音色はいつも周囲の心をなごまし、リラックスさせてくれる。

気がつくと30分程経っていた。

ベンは満足した様子で演奏を終えた後、書斎になにげなく置かれてあった薄茶色の球体の石に心が惹かれ、長い時間、じーと眺めていた。

ベンは「何か、自分の運命と関わりがある!」そんな気がした。

ちょっと重いけどそれを手に取って、テーブルに置かれてあった皿の上に載せた。

なんの気なしにその球体を、手のひらで回してみると、くるくるくる…と回り出した。

ところが不思議なことに、その回転が止まらない。

1時間経っても回り続けている・・・

ちょっと気味の悪い感じがしたベンは、その球体を両手で掴み、元の場所へ戻すことにした。

-----

-----

改めて見ると、球が置いてあった側に何か書かれていることに気づいた。

小さな文字で「ここに地終わり、海始まる」と、詩のようなものが記されていた。

後日、この球体の石について、ベンは父に尋ねみることにした。

「ねえ、お父さん…この石はどこから来たの?」

父は、しばらく言葉が出なかった。

そして…何十年も前に家の畑に落ちてきた、隕石であることを話してくれた。

思い出したくもない、おそろしい出来事のようだった。
(どんな出来事?空中分解っぽい。。。)

そして「ここに地終わり、海始まる」これは何だろうと思い、調べてみると、ユーラシア大陸の最西端、ポルトガルのロカ岬に建てられている、カモンイスの詩であることが分かった。

ベンは「いつしか、そのロカ岬に立ってみたい!」そんな気持ちになっていた。

何か未知の冒険がそこから始まるような予感が、頭をよぎった。

第3話に進む

[ad#cocoa2] [ad#cocoa3]


【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

人生の可能性を広げるものはすぐそこに!〜世界一周旅行の夢をも叶えてくれる『パスポート』に気づくということ〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】