悩み・問題を今日解決する方法を学んだら、道が開けた !?2つのやるべき事とは?

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:1万人以上♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

日々、生活していると、いろいろな悩みが生まれてきます

しかし、

もし、今、この瞬間にその悩みが解決したら、
もし、その悩みを解決して、自分の理想や夢に近づく事が出来たら、
嬉しくないですか?

そもそも、「悩み」とは何でしょうか?

「悩み」とは、①心の苦しみ、おもいわずらう事、(病気)のこと
(参照元:朝日新聞社運営オンライン辞書 「コトバンク」)

すでに、分かっている事ではありますが、
「コトバンク」によると、
「悩み」は、「心の苦しみ」を意味するようです。

「悩み」が「心の苦しみ」という、とても抽象的な意味である事から分かるように、
そもそもふわふわしているものである「悩み」をその状態で解決する事はとても難しいです。

それは、
「1 たす 1 は?」
と具体的に数字で示されると、答えがすぐに出てくるけれど、

「何か たす 何か は プラスかも?」
という状態と同じです。

・寝たら悩みは解消できる
・おしゃべりなどして悩みを吐き出す(アウトプットする)

という方法もありますが、
その場合、その場しのぎで原因(悩みの種)は消えないままであることが多いです。

とりあえず、すっーとした…

もちろん、気持ちを切り替えるためには、その場しのぎの対応でも
とりあえず、気持ちが楽になる行動をすることは良いことです。

しかし、自分から原因そのものを取り除かなければ、
また、同じような環境に遭遇したら、
また、同じように悩み始める自分がいます

私たち生命の目的は「向上していくこと」「繁栄していくこと」です。

同じような悩みに何度も苦しめられるのであれば、
どうせなら、違った「新しい悩み」に悩まさるべきです。

そこで知っておきたいこと。

それは、「悩み」を「問題に転換する」ことで達成できるということです。

——
悩みは悩みのままでは解決できない?
——

myself_cocoacana

(pic from deviantart

悩みは、上で触れたとおり、とても抽象的なものです。

悩みという 「分かりにくいもの」を分かりにくいままで、
答えを導き出そうとしても、答えが出にくいことは
先ほどの「足し算の話」からも分かります。

では、どうしたらいいのでしょうか。

「悩み」 を 「問題」 に変えてしまえばいい

どっちも一緒じゃない?

そんな声も聞こえてきそうですが、

「悩み」 はふわふわした抽象的なものに対して、
「問題」は、かなり具体的になります

コトバンクによると、
問題とは、「(一般的に)答えを必要とする問い、課題」です。

これは似て非なるものです。

悩みは、「心の苦しみ」という、あいまいなもの。

悩みを悩みで考えた場合、
「はあ〜、最近うまくいかないなあ…はあ〜…」

と、下を向きながらため息する状況になります。

しかし、
「問題」とは、「答えを必要とする問い、課題」であるので、

悩みが「問題」になると、
「はあ〜、最近うまくいかないなあ…どうしたら上手くいくようになるだろう?

と、「悩み」は答えを導きだすための行動のきっかけに変わります。

(問題解決、つまり、原因をなくすことができます

私たちは「向上していくこと」「繁栄していくこと」を目的としています。

「悩み」があれば「チャンス」です。

「悩み」をスッっと解決しつつ、
その「悩み」を自分の成長のきっかけにするには
どうすれば良いのでしょうか?

—–
2つの行動をして「悩み」を成長の種にする
—–
「悩み」を「問題」に変えることで、
行動しやすくなります。

そのためにすることは、たったの二つです。

こちらを見てください。

(悩み問題解決リスト)
yume_list_cocoacana
1)まず、リスト埋める

左側 「今、かかえている問題」のところに、
「今、悩んでいること」を入れていきます。

次に、

右側 「理想の状態(どうなると嬉しいのか)」 を
書き出します。

そして、

右側の「理想の状態」を仮に全部達成できたら、
どうなっていたいか、一番下の欄に「最終目標」を
書き出します。

2)理想の状態になるのに必要な行動をとる

どのような行動をとれば良いのか分からない場合、
自分が持っている「問題」を解決した人の本や、
インターネットのサイトから具体的な行動となる情報を
仕入れます。

ここで、大切なことは「実際に体験した人の行動を真似する
ということです。

もちろん、
合うやり方、合わないやり方はありますが、
成果を出している人のやり方なので、前に進むことはできます。

合わなければ、自分に合うやり方をまた、探せばいいだけです。

実行する期間として、
抱えている問題にもよりますが、
とりあえず、3ヶ月は継続すると
正しい方法であれば結果が出ます。

(なぜ、3ヶ月かというと、人の細胞はよくも悪くも
3ヶ月単位で入れ替わるからです。)

こちらは、先ほどの 「悩み・問題解決リスト」 のサンプルになります。

自分自身で作成する際の参考にしてみてください^^

(悩み問題解決リスト・サンプル)
yume_list_sumple_cocoacana

確かな一歩の積み重ねでしか、遠くへは行けない。
(メジャーリーガー・イチロー)

日々、ちょっとずつでもつなげていきたいですね^^

Taiwa Sato

好きな歌:コブクロ「未来」
映画「orange -オレンジ-」ver.



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

(Podcast用)想えば理想に近づく夢ノート-ここあかな_『自分の設定した目標は良い目標か?』をチェックしてみる!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】