インテル長友の食事術①:姉の料理でケトン体回路体質に!老化防止・冷え性・メタボ・イライラ等健康体で能力をフルに発揮する方法とは?

beef_steak_picture coming

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

イタリア・インテルのサッカークラブで活躍する長友佑都(ながともゆうと)選手。

イタリア・セリエAでの長友選手の活躍は、
毎度ニュースで伝えられるわけですが、

最近話題の一つとして上がっているものがあります。

夢や目標をかなえる前提には、
「健康な体」というベースがあります。

そのため今回はシリーズで「健康について」
お届けします。

ダイエット手法の一つとして、
知っている人は、知っている方法だと思いますが、
その長友選手が実践している体のエネルギー効率を上げる体質が、
「ケトン体回路」体質になる、とのこと。

healthy_snack_cocoacana

現在、長友のお姉ちゃんがイタリアに滞在して、
長友選手のケトン体が体内で優位になる、
炭水化物(糖質)控えめな「ケトジェニック料理」を作って、
食事面からも長友選手をサポートしていました。

(現在は、長友佑都専属シェフ:加藤超也さんが作っているそうです)

長友選手自身、体をこの「ケトン体回路」体質に変えたことで、
以前、頻繁にしていた試合中のケガなどすることなく、
一試合フル出場を以前より楽にできるようになったようです。

実際、

日本ファンクショナルダイエット協会理事長、
白澤卓二(しらさわたくじ)先生も、

「ケトジェニック・ダイエット」という言い方で、
ケトン体回路体質にすることで、
体のエネルギー効率を通常の1.25倍に上げられることを言っています。

加えて、

体内をより綺麗にする効果もあるようです。

ケント体回路体質になるとこんなにたくさんのメリットが期待できるようです。

ケトン体回路体質となり、
体の中のケトン体優位状態にすることで得られるたくさんのメリットの理由としては、

・血糖値が上下激しく変化しないから
・ケトン体のエネルギー効率がブドウ糖の1.25倍以上だから
・体内の余分な脂肪や余っているタンパク質を使ってエネルギーを作るから
などがあります。
galway_girl__cocoacana
—–
ケトン体回路体質になると得られるメリットとは
—–

♣押さえておくべきポイント:
脳のエネルギーとなる糖には2つあります。

一つは「ブドウ糖」、
もう一つは「ケトン体」です。

そして、私たちが当たり前に知っていた脳のエネルギー源となる、
ブドウ糖の代わりになるのが「ケトン体」なのです。

—<ケトン体(回路体質)の効果・効能>—

【体のパフォーマンスが上がる】

・食べても眠くなりにくい
・集中力が高まる
・疲れにくい体
・頭の回転が高まる

-----

-----

【不調改善】

・冷え性改善(代謝が良くなるため)
・むくみ改善(水分代謝の向上のため)
・アレルギー症状緩和(腸内環境改善のため)
・不眠改善

【アンチエイジング】

・老化防止(ケトン体が長寿遺伝子のスイッチをオンにする)
・認知症予防(ケトン体がガス欠の脳のエネルギー源である糖の代わりをするため)
・更年期症状緩和(イライラ体質の解消も)

【病気の予防&改善】

・糖尿病を治す(血糖値が上がらないため)
・メタボ予防(ケトン体が体脂肪を燃焼するため)
・動脈硬化予防(血管年齢を若くするため)
・ガン(再発)予防(ガンの大好物の糖質をなくすことで、発生率を抑えることができる)
cocoacana
【メンタル】

・イライラしにくくなる
・気持ちが落ち着くようになる
・うつ病状態緩和

——
聞きなれない 「ケトン体」
   VS
我らの親戚 「ブドウ糖」
——

毎日約10kmは、ランニングする私も、
今いまで実践しているのですが、
「ケトン体」「ブドウ糖」の関係を今回の記事では
押さえていきます

これを知らずして、
実際に実践しようとは思わないでしょう。

こちらを見てみてください

ketogenic_graph

まず、体内に取り込まれた、
「炭水化物」「タンパク質」「脂質」はそれぞれ、

「炭水化物(糖質)」 → 「(余分なもの)グリコーゲン」 → 「ブドウ糖」
*必要なタイミングに応じて、すぐに消費したり、蓄えてたりします

「タンパク質」 → 「アミノ酸」 → 「ブドウ糖」
*糖新生:お腹が空いた時、糖質を補給できないと、
アミノ酸をブドウ糖に変えてエネルギー源にする

「脂質」 → 「脂肪酸」 → 「ケトン体」
*「ケトン体回路(体質)」:体内の余分なものをエネルギー効率の良いものに変換して、
エネルギーを消費する

次回から、より詳しい効果や効能、
具体的な食事の内容、
長友選手やテニス世界ランキング1位ジョコビッチ選手、
白澤先生の1日の食生活や理想の健康的な過ごし方などを
お届けしています。

今回も人生の「一コマ」という、
貴重なお時間をこの記事に割いて頂き、
ありがとうございます。

よりよい明日にしていきましょう^^

<パート②に進む>

Taiwa Sato

好きな曲:ヤシの木のように by ケツメイシ



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

人生の可能性を広げるものはすぐそこに!〜世界一周旅行の夢をも叶えてくれる『パスポート』に気づくということ〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】

beef_steak_picture coming