千と千尋の神隠しに登場する水の龍「ハク」に違和感…西洋と東洋の龍のイメージ

dragon_waters_god
-----

【当り前の話を知っていますか?】

ジブリ映画:千と千尋の神隠しに登場する水の龍ハク。

ここで、何か違和感を感じるのは僕だけでしょうか?

欧米の映画を見ていて、たとえば、ハリーポッターなどに出てくる龍(ドラゴン)は、「火」つまり、炎を吐きます

炎をあやつる龍に対して、千と千尋の神隠しのハクは水を操ります

昔は、普通になんの疑問もなく見ていましたが、
ベトナムの歴史名所でとあるモノを発見した時に、
変な違和感を感じました。

それと同時に千と千尋の神隠しで発信していたメッセージにも気づきました。

その時に発見したものがこちら!


(写真:水をはく龍, 場所:ベトナム・バッチャン村)

-----

-----

そういえば、ポケモンのギャラドスというモンスターがいるのですが、
このモンスターも水タイプのドラゴン!

当り前に思う人は、

そんなの当り前じゃん❗

という話です…

ベトナムの友人に話を聞くと、

龍は、川・海に住む「水の神様」とのこと!

だから、水をはいて当然のようです。

西洋のドラゴンが炎を吐くということから、
おそらく、地域によっても異なると思うのですが、

龍が「水の神様」であったことを初めて知りました^^;

その話を聞いた時、

千と千尋の神隠しに登場するハクや、
ポケモンのドラゴンのモンスター、ギャラドスが
水をあやつることが理解できました。

僕は、最近、アニメにしても、映画にしても、

「作った人(たち)は何を届けたいのだろう」
「どんな思いで創ったのだろう」

と思いながら作品に触れるのですが、

そういう意識をもつことで、

日々の何気ない出来事から
色々な学びの機会を得ている自分に出会うことができます^^

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます^^♪〜

Taiwa Sato

【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】

dragon_waters_god
【Youtubeでも配信中!!】