グーグルの気球型ネット回線基地局サービスへの想いとは?

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

時々、「みんな」と言われる時、
本当は「みんな」ではなかったりします
 
例えば、
人々がインターネット上の「みんな」がという時、
 
一人ひとりがオンラインに繋がっている必要があるけれども、
実際は3人中2人はインターネットが繋げられなかったりする
 
もっと詳しく見ていくと、
「みんな」は「誰か」という枠組みよりも少なかったりする
 
ある場所では、
1,000人に1人だったり、
またある場所では10,000人に1人だったり。。。
 
そして、
またある場所では、
誰もインターネットに繋がっていなかったりもする。。。
 
でも、
仮に地球全体に電気を届ける方法があるとしたら、
世界中の情報は世界中の人たちと繋がることが出来ると思いますか。
 
ところで、
 
今日においても、
3人に1人はきちんと中等教育を受けられていません
 
しかし、
3人中の1人にあたる地域では、
「みんな」は中等教育を受けて、
勉強していると言われます
 
また、
医師の治療を十分に受けられる場所では、
他の地域は「みんな」医師の治療を受けられると言われます
 
農家はより良い天気の情報を使い始められたから、
「みんな」は収穫量を増やすことができました
 
加えて、
インターネットは、
ベンチャー企業のような小規模なビジネスを
今までの2倍のスピードで成長するのを可能しており、
みんなは皆んなのために新たな機会を創造出来るようになっています
[ad#cocoa2]

-----

-----

でも、
私たちはどうやって世界中のみんなが
簡単にインターネットにアクセス出来る環境を
作ることが出来るのでしょうか。。。
 
たぶん、
新たな場所を探し出し、
答えを見つけることになるでしょう
 
例えば上空のような…
 
そして、
何か変わったもの、
例えば風船みたいなもの
 
その通りです
 
風船です
 
もし、
風船を使うなら上空に飛ばすことが出来るから、
世界中のみんなにインターネットの環境を速く、
簡単に、
そして、
安く提供することが出来ます
 
それは
「一部の人々」に、
インターネット環境を届けるよりも多くの人々です
 
だから、
私たちは挑戦するのです
 
そして、
希望はもうすぐそこまで来ています。
 
いつしか、
「みんな」という言葉は
「みんな」という意味になります

[ad#cocoa3]  
(追加記事:「Googleが気球型ネット回線の提供を予定 – Project Loonとは?」)

*本記事は、Googleの世界中にインターネット環境を提供するという
「気球型ネット回線基地局プロジェクト」の紹介動画「Introducing Project Loon」を翻訳したものです。(Youtube参照)



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

(Podcast用)想えば理想に近づく夢ノート-ここあかな_『自分の設定した目標は良い目標か?』をチェックしてみる!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。