※月間約3,000再生以上の人気 Podcast 『視点を変える話』は下の再生ボタンからご視聴可能です。

宮崎大輔の身体能力の高さは数種のスポーツのたまもの?ハンドボール界のスーパースターのジャンプシュート完成までの過程とは?

宮崎大輔(みやざきだいすけ)氏は知っての通り、プロハンドボール選手であり、ハンドボール界のスーパースターとして活躍しています。

中でも、垂直跳び84cmの高さから繰り出される、宮﨑選手のジャンプシュートは、

日本国内のみならず、海外のハンドボールチームにおいても通用しており、

スペイン1部リーグではスペイン語も話せない中、100得点以上を取るなど、

言葉の不自由さを感じさせない活躍をしています。

”ハンドボール界の宮崎選手” と聞くと、

プロスポーツマン大会で数度優勝するなど、
身体能力の高い印象があります。

スポーツ界には、秀でた成果(実績)を収めている選手はたくさんいますが、
必ず、そこに至るまでの「タネ」をまいているはずです。

結果を生むためには、まず、原因を生む(作る)必要があります。

ハンドボール界において、スーパースターと呼ばれる宮崎選手は、
人並みはずれた「ジャンプシュート」にたどりつくまでにどんなプロセスを歩んできたのでしょうか?

【色々スポーツに学ぶ】

仕事や言語力のスキル向上もそうですげ、
スポーツにおいても、一つのスポーツのみをやっている場合よりも、
色々なスポーツを経験した場合の方が、
それぞれのやり方(アプローチ方法)の違いから、

今まで気づかなかった多くの「発見」をすることができます。

そして、もちろん、その「発見」は、
今やっていること(宮﨑選手の場合ならハンドボール)に応用できる訳です。

宮崎選手は、今自分が持っている能力、現在の身体能力の向上(技術の向上)の可能性を他のスポーツから積極的に

[ad#miyazakidaisuke]

このサイトは気に入りましたか。

【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】