情報化・IT化による教育現場の「全く新しい世界」はもうすぐそこまできている?” Google Daydream “というVR ヘッドセットとは?

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

★タイトルコンテンツ★

ことだまTaiwa
情報化社会・IT化社会と言われ始めてから久しく、

教育現場も東京など都心部を中心にタブレッドの導入など、色々な所で電子機器が取り入れられるようになってきていますが、

教育現場の変革はまだまだはじまったばかりと言えそうです。

こちらを見てみてください。


【Google Daydream(VR ヘッドセット)動画】


Googleの公式ブログによれば、Qualcomm(クアルコム)が協力して設計したリファレンスデザインが提供され、HTCとLenovoから2017年後半に一般発売予定。価格については明らかにされませんでしたが、Backchannelによれば、400〜600ドルで発売される見込みとのことです…その他詳細はこちら

もちろんやり方にもよりますが、

-----

-----

海外に早い段階から行くことの出来る子供がいる一方で、
大人になって(大きくなって)やっと海外に行ける子供がいます

学校・熟などの教育現場においてもそうですが、

色々な要因の大人都合で制限されていた「子供の学びの場」は、情報化・IT化社会の進歩のおかげより、これまで家・学校・国…と、子どもたちの能力を制限していた空間から、簡単に飛び出し、一層の彼らの好奇心をかきたてていくものになるのではないでしょうか。。。

しかし、大切なことは、これまで以上に「選択肢・自由度」が増えるため、
「自分軸」を持っていないと、

「自分はなんで生きているのだろう…」ということに悩みを抱えるようになると僕は思っています。

どんな「山」でもいい!

素敵な「山」が見つかれば、その「山」を目指し、また登ればいい!!

まずは、自分の歩みたい道、登りたい「山」を、
横の人ではなく、自分の心で決めて一歩一歩、歩んでいきたいですね^^

Taiwa Sato



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

めでたい日なのに、抱えることのあるストレスと上手く向き合う方法とは❓✋😳

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】