カナダ・ホームステイ先で『ヘドバン』に出会って考えた – 『好きなことで生きていく』ということ

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

X JAPAN さん系のライブに参加したり、動画を見たことはあるでしょうか?

ヘビー系のライブ(動画)でよくみることができる『ヘドバン』ですが、やはり、首をはじめカラダの色々な部分に影響を与えるようです。

ヘッドバンギング (英: head-banging) 、略してヘドバン:主にロック、ヘヴィメタル、ハードコアなどのギグ、ライヴコンサートで見られる共鳴的動作の一つ。リズムに合わせて、頭を激しく上下に振る動作である(wiki

X JAPAN の YOSHIKIさんは、頸椎手術をアメリカ・ロサンゼルスの病院で受けていますが、『ヘドバン』についてこのように述べていました。

「(頭を激しく上下に振る)ヘッドバンギングはよくないと思います。考えた方がいい。確実に健康に悪い」(朝日新聞

この記事を見て、僕は、学生時代に、カナダでワーキングホリデーをしていた時にお世話になった、ホームステイ先のホストファザーの事を思い出しました。

好きな音楽演奏している時、いつも『ヘドバン』して、どうだ❗と心で言いながら、ものすごく満足そうにベースをひくお父さん。

パソコン、インターネットの普及に伴い、ますます『好きなことで生きていく』という言葉、そして考え方に出会うようにあった昨今。

そんな時代を生きる上で、当り前だけど忘れがちな、役に立つ「エピソード」があります

カナダ・ワーキングホリデー中のホームステイ先で考えた『好きなことで生きていく』


娘は当時、生後約3ヶ月。

ホストファザーは、夜9時でも、10時でも自分の大好きなベースを取り出して、お決まりの『ヘドバン』をしながら弾くことが頻繁にありました。

そのため、(このことだけの理由ではありませんが)毎日のごとく夫婦喧嘩が起こっていました。

奥さんが怒っていたのは、他の家でもよく、わいわいがやがやパーティー行われていますし、別に、近所迷惑という話ではなく、娘が寝れずに泣いていることに怒っていました。

そして、ホストファザーは、奥さんが怒っていることに、また怒っていました。

もちろん、(実際の所は知りませんが、ホストファザーのお金の使い方が荒かったことは感じました…^^;)家計が厳しいということで、土日も返上して毎日働いていたため、自分のちょっとした余暇の楽しみくらい自由にやれせてくれ!というのは分かります。

しかし、奥さんの『かわいい娘を世話する、早く寝かす』という全うな主婦の仕事が、夜中のベースによる爆音で妨害されるならば、それはいささか考えものです。

-----

-----

でも、僕がカナダのワーホリで出会ったこのホストファザーは、しっかし『自分の好きなことで生きていく』ことを貫いています。

『好きなことで生きていく』〜自己実現の世界で生きる上で大切なこと〜

たしかに、自分の熱い想い、夢、目標、志しがあれば、そこに向けて一歩一歩、歩んでいくことが、とても簡単な時代になりました。

これがしてみたい、
あれがしてみたい、
こんなのもいいなあ…

人が、病いや試練(人生の壁)に遭った時、この状況を抜け出す人たちの共通点は『希望』があるかないか、つまり「目標や夢」があるかないかで決まるとも言われますし、ここは僕たちの人生を歩む上で、一番大切なことです。

ソフトバンクの孫さんは、『人生の登る山を決めれば、人生の半分は決まる』と、頻繁に口にしていますが、今も昔も『夢や目標』を持つことは誰もが重要なことが既に知っています。

しかし、その歩みを進めるためには、前提となる大切なことがあると僕が考えます。

それは、『人の迷惑にならない』ということ。

個人一人で何かやる場合は、一先ず、個人の問題のみにおさめる。
家族経営の場合は、家族の問題のみにおさめる。これが親戚へ…と問題が転移してはいけない。

しかし、一部例外があります。

(有名な孫正義氏の生い立ちの話でもよくでてきますが、)それは、今の今では迷惑を掛けるけれども、三年から五年先など期限付きで結果を出し、

迷惑させてしまった分に、なお余りある恩返しのイメージ、考えがしっかりある場合です。

しかし、このケースは、絶対に成果をあげないといけません。

なぜならば、知っての通り多大に迷惑を掛けているから!

この、自分にプレッシャーを掛けて、人生の道を切り開く方法は、人によって合う合わないがあると思います。

(ちなみに、僕は、カナダ🇨🇦に働きにも来ていたにも関わらず、なかなかガツガツ行けず、全財産$2.5 に。

そんなになって始めて、必死になる性格からすると、逃げ道を断つ、どちらかと言うと、最初に迷惑を掛けるタイプな気もします^^💦

皆さんは、どっちのタイプでしょうか?)

逆に、この大前提が、守られていながら『夢や目標、志』の達成に向かって日々奮闘している姿があれば、家族含め、友人含め、色々な奇跡の『手』が差し伸べられる人生になると思います。

選択肢が本当にたくさんあって逆に自分を見失う可能性もありますが、意識一つ、考え方一つで、自分も相手も『好きなことで生きる』ことの出来るこの世界に感謝して、今日もまた前に進んで歩んでいきたいなあ…

そんなことを考えながら、今日もまた散歩をしていました。

Taiwa Sato



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

『早咲き』『遅咲き』のあるこの人生で大切なこと – 自分を見つめ直す時 〜 遅咲き人生もいい?1+1=1 と答えたエジソン

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】