せっかちな性格を直す方法 – 結果にコミットする意識と同様に持つべき考え方とは?

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

★タイトルコンテンツ★

ことだまTaiwa
私たちは日々、何を求めて生活をしているでしょうか?

友達や先生、同僚、上司、あるいは家族の良い評価をもらうために生活しているでしょうか?

隣りのおっちゃん
きれいごと何て言ってなれないよ!お金だろ?
ことだまTaiwa
ということでお金のために生活しているでしょうか?
学び屋さん
やっぱり、やりがいでしょ!
ことだまTaiwa
相手の☘ありがとう❗️☘の感謝の言葉(気持ち)のために生活しているでしょうか?

しかし、行き着く先、私たちは✨(色々なカタチはありますが)結果✨ を求めて日々生活しています。

ことだまTaiwa
🌟結果🌟を得るためには、もちろんながら、原因があります。
隣のおっちゃん
そんなことは、誰だって知ってるわい❗❗
ことだまTaiwa
そう、だれでもしっている話〜

ところで、こんな話を聞いたことがあるでしょうか❗❓

『お客さんは神様です!』
リトルTaiwa
あ〜、、、接客業とかでよく聞く、あれですよね!!
ことだまTaiwa
では、こういう話は聞くでしょうか?
『お客さんは、神様!そして、それを接客するのはあなたです❗だから、私たち会社は、あなたもまた神様だと思っています』
ことだまTaiwa
もちろん、そのように考えている会社はありますが、全体の会社・企業の数に対する割合で考えたら、芯の部分から『人財(お客さんである神さまに花開かせるのは、会社の財産であり神様である従業員のあなた)』と思っているのは、極めて少ないように感じます。
ことだまTaiwa
原因と🌟結果🌟の因果関係で、種をまいた分だけ、収穫できる(利益を得られる)ことは当り前の話。
ことだまTaiwa
ビジネスにおいて、お客さんはお金(利益)をもたらしてくれる存在であり、会社存続のために利益をあげる必要があるので、その「種」になるお客さんは確かに大切にすべき存在ですが、収穫(利益がある)時期に至るまでのサポート(ケア)する人がいないと、その「種」は「種」のまま芽🌱が出ず、収穫時期を迎えることができません。
ことだまTaiwa
そのため、利益という結果を収穫するために、もし、その種であるお客さんを『神様』というならば、もう一つの利益を生むのに必要な『種』である「サポートする人」、つまり従業員も『神様』と言わなければいけないわけです。
リトルTaiwa
今回は、会社(アルバイト先)、ビジネスの一コマについて『原因と結果』について話してましたが、この話は実際、色々なところで役に立ちそうですね。
ことだまTaiwa
そうですね。私たちは、作った『原因』に対してしか、『結果』を得ることは出来ない、
まいた種の分しか、収穫することはできない、この自然の法則をシンプルにしたものがこちらです。
『P/PCバランス』を考えて行動する
P/PCバランスとは、Production(プロダクション:生産物/結果)とProduction Capacity(プロダクション・キャパシティー:
生産能力/原因)のバランスのこと。

つまり、結果である『P』を得るためには、『P』を作る原因である『PC』も大切にする、このバランスが取れていて始めて上手くことが進む、という考え方。

イソップの寓話で、これについてとても的を得ている面白い話がある。

せっかちな性格で、結果を早く得たいがために、その原因の扱いをおろそかにしてしまう(その原因を『ゼロ』にしてしまう)人間の性格の一つを分かりやすく教えてくれる話〜

ガチョウと黄金の卵(イソップ寓話より)

貧しい農夫がある日、飼っていたガチョウの巣の中にキラキラと輝く黄金の卵を見つけた。

最初は誰かのいたずらに違いないと思い、捨てようとしたが、思い直して市場に持っていくことにした。

すると卵は本物と純金だった。

農夫はこの幸運が信じられなかった。

翌日も同じことが起き、ますます驚いた。

いつしか、農夫は来る日も来る日も目を覚ましては、飼っているガチョウの巣のところまで走っていき、黄金の卵を見つけるというのが習慣になっていた。

このような日々を過ごしていた結果、彼は大金持ちになった。

まるで夢のようだった…

しかし、そのうち農夫はよくが出て、せっかちになっていった。

一日一個しか手に入らないのがじれったくなり、その農夫は、ガチョウを殺してお腹の中にある卵を全部一度に手に入れようと思い立った。

ところがガチョウのお腹をさいてみると空っぽ…

キラキラと輝く黄金の卵を一つも見つけることが出来なかった。

しかも、黄金の卵を生むガチョウを殺してしまったので、農夫は、もう二度と卵を手に入れることはなかった

——

僕たちの人生は結果ありきです。

-----

-----

もちろん、プロセスは大切ですが、やはり最後には何かしらの『結果』を出さないといけません。

しかし、結果にコミットすることばかりに意識が行き過ぎて、人間の性格の一つである『早く結果がほしい』とせっかちな性格が先行してしまうと、今回の『ガチョウと黄金の卵』の話の最後の結末のようになってしまいます。

『P/PCバランス』で考え行動する

結果である『P』も大事、それを生む(環境、システム、仕組み etc)『PC』もまた大事。

良い結果『P』を継続して得るために、原因『PC』を磨きあげていくことが大切です。

『ガチョウと黄金の卵』の話で言うならば、『黄金の卵:P』を継続して得るためには、『ガチョウ:PC』を大切に育て健康状態を保つこと。

せっかちな性格を性格の一つに持つ僕たち人間。

この『P/PCバランス』で考え行動する、という意識を持つことで、日常生活のあらゆる出来事はとても『受身的』ではない『能動的(主体的)』で、より前向きなものに変わっていくはずです。

それは、例えば、部屋を子供に片付けてほしい、という結果『P』に対して、片付ける子供『PC(結果を生む原因)』を怒鳴りつけて片付けさせるのか、あるいは、別の方法で『PC』を育てるのか…

こんな風に『P/PCバランス』で考え行動する習慣を持つことで、僕たち人間が持つせっかちな性格を野放しにせず、一息置いて、最善の選択と行動を取れるようになります。

『P/PCバランス』で考え行動する!

ぜひ、試してみてください^^

おまけ:組織(複数人)で実行するのは、難しい『P/PCバランス』〜 相手の話にどれだけ耳を傾けられるか 〜

とは言え、僕たち一人ひとりには、得たい『結果:P』が違うことが多々あります。

自分の夢や目標を実現させるために日々行動することはとても素敵なこと!素晴らしいことです!!

しかし、家族、会社、サークルなど複数人で構成されるグループの目標を実現させる場合、そのアプローチ方法、つまり、夢や理想にたどり着くための通過地点『目標』は違いますから、グループで意見の相違が起こるのが普通です。

グループにおいて『P/PCバランス』を上手く機能させるためには、当り前のごとく相手の話をしっかりきくことから始まります。

ところで、相手の話をしっかりきくためにはどうしたら良いと思いますか?

どのような姿勢が、聞き耳には大切でしょうか?

それは、相手の立場で感じ、相手の気持ちになって話を聴くこと(共感)。

相手が何でこんな話をするのだろう…という疑問を抱くことがあるでしょうか?

有名な心理学者のマズローの学説が、その疑問の解決をサポートしてくれる一つのきっかけになるかもしれません。

相手の気持ちを理解出来るカギの一つ『マズローの5段階欲求説』とは

どれくらいがあなたの ” 十分 ” かは分かりませんが、人は十分になると、次の欲求が生まれます

有名な心理学者、マズローは欲求五段階説の中で、衣食住の欲求が人生の初期段階の欲求、

その後、仲間に属したい、周りに認められたい、高く評価してもらいたい、という欲求が生まれ、

最後には、自分の人生の夢・目標をかなえたいなど、自己実現の欲求がある、と説きました。

しかし、晩年、さらにもう一つ上の欲求についても語っていたようで、それは、自己超越、

つまり、大切な人、周りの人たちに恩返し、貢献したいという欲求も人は持っていて、行き着く先はココに落ちつくというのが、マズローの五段階欲求説です(最後を加えると六段階。)

マズローの五段階欲求説にもあるように、僕たちの人生は、今いる人生のステージによって、求めるものが変わります。

だから、昔はあんなにお金💰お金💴言っていたけど、お金を持ってみたら、本当の大事なことは、〇〇だった…

というようなことがおこる訳です。

僕たちは、相手の意見に対して、『そうは思はない』と、相手を理解したくても理解しがたいことに多々出会いますが、それは、僕たち一人ひとりの現在地点が違うから生じることだと考えられます。

ある人は、これまで、計画的に貯金、資産運用してきたから、お金をためることよりも、今は、相手の問題をいかに解決してあげられるかに、頭をフル回転させられる、

その一方で、マイホーム🏠に、新車🚙を買ったばかりのタイミングで会社が倒産、仕事は見つからず、生活はいっぱいいっぱいの人がいた時、

相手をいかに幸せにするか、という話をこの二人が話し合った所で、後者の人がブッタ的とはいかないまでも、普通ではない考え方、広い視野の持ち主ではない限り、話しがかみ合うのは、極めて困難です

まずは、一人ひとりがしっかり自立した状態であることが大切。

まとめ

1)『P/PCバランス』で考え行動する *黄金の卵『P』の存在も大事、それを生むガチョウ『PC』も大事

2)マズローの五段階欲求説で説かれているように、僕たちはそれぞれのステージの欲求によって、ものごとを考える傾向にあるので、『相手がどの段階』にいて、『何で相手がこんな話をしているのか』相手の立場で共感を持って話を聴くことで、グループにおいても効果的に『P/PCバランス』を考え行動に移すことが出来る。

3)グループで目標に向かうにしても、個人で目標に向かうにしても、まずは個々人が自立していること(自分の足で立つこと)が重要。

『道』を切り開くカギはいつも『心』の中にあります

Taiwa Sato

我々の後ろにあるもの(過去)と、我々の前にあるもの(未来)は、我々の内にあるものに比べればとるに足らない。

(アメリカの政治家:オリバー・ウェンデル・ホームズ)



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

めでたい日なのに、抱えることのあるストレスと上手く向き合う方法とは❓✋😳

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】