【うまくいっている人の考え方シリーズ】ダルビッシュ有選手に学ぶ『目標達成方法』とは?〜『終わりを思い描くことから始める』で日々を情熱的に歩む〜

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

ことだまTaiwa
年明けにどれくらいの人が目標や夢をかかげたでしょうか?

そして、その目標・夢に、現時点でどれくらい近づいたでしょうか??

実際、もっと面白いことをしたい!!もっと充実した人生を歩みたい!!
そんな想いがあって、僕たちは目標や夢を掲げます

しかし、そういう想いとは裏腹に、なかなか一年を通して、なかなか行動を継続出来ず、気づけば半年、気づけば一年ももう終わりということがよくあります。

その『なかなか継続的行動を実行する』ことが難しいことの理由には、これまで何度も触れてきた『コンフォート・ゾーン』、つまり、良い悪い関係なく、これまでの習慣を『快適なゾーン』とする習性が僕たちにあるからで、そこから抜け出すための色々な方法はありますが、その方法をやり続けるのもまた難しいです。

これまで、自分の現在のコンフォート・ゾーンから、自分が目標とする(夢見る)世界の理想のコンフォート・ゾーン』を生きるための最初のオススメ・ステップとして『日々何気なく使っている言葉遣いを改める』方法をお届けしました。

詳しくは、関連記事を見てもらえたらと思いますが、簡単にまとめると、いままでの自分が、何か新しいことに挑戦する機会がある時、

無理❗
出来ない❗❗
ありえない❗❗❗
不可能❗❗❗😫💦

という言葉を改め、

今の自分には難しい❗
ちょっと、戦略を練る必要がありそう❗
自分には合わなそう…
どうやったら出来るかなあ…

という言葉つかいにするだけ、自分の出来る可能性を大きく感じることが出来、自身の世界観は劇的に変わります

人生は、小さなことの積み重ねの結果が、大きな変化・結果に結びつくことは、僕たちが既に知っています

自分の『コンフォート・ゾーン』を『理想のゾーン』に変える方法には、今回のような変換ボキャブラリー法や、アファメーションを使った方法などがあります

変換ボキャブラリー:いつもの言葉を上記の例のようにプラスの言葉に変える方法
アファメーション:理想のシーン、自分を言葉を発すると同時に、出来る限り鮮明に繰り返し(出来るなら朝晩毎日)イメージして、自分の世界観感・価値観(人生の優先順位)を”あるべき状態” にシフトする方法

人の成長/進化をはばみ、未来を過去(生まれた環境)が通常決めてしまう理由とは

2016.08.05

Perfume★のっちのマイペースなエピソード〜卒業文集で家族の温かさ軸に夢を叶えた天然でない のっち "目撃"?_夢実現コンフォートゾーンを当ブログで発見!

2015.05.24

[ブログ] カナダ・ワーホリ/仕事探し - コンフォート・ゾーンの外へ〜Part①

2015.03.16
しかし、僕たちは十人十色、様々な性格があるので、これらの『コンフォート・ゾーンを理想のゾーンにシフトする方法』が合わない人もいるかもしれません
ということで、今回はこれら以外の方法をお届けします^^

-----

-----

ダルビッシュ有選手に学ぶ『目標達成方法』
〜『終わりを思い描くことから始める』で日々を情熱的に歩む〜

Embed from Getty Images
高校野球、日本プロ野球の日本ハムファイターズで活躍、沢村賞も受賞した経験を持つダルビッシュ有投手。

メジャーリーガーとしてアメリカでプレーし、世界最高峰のリーグでも大活躍しているダルビッシュ選手ですが、何年か前のインタビューでとても興味深いお話をされていました

“あれは、プロ野球の世界に入って、1,2年くらいのまだ新人選手だった頃、ヤクルトスワローズに打ち負けた試合がありました。

その時、ふと、このままでええのかな?と思ったんです。

で、何年も先、60歳とか70歳の自分を『今の自分』として感じてみたんです

そしたら、やっぱり後悔がたくさんありました。

ものすごく『後悔した自分』を感じて、神様にお願いして、時間を戻してもらって『今のこの瞬間に戻ってきた!さあ、どうする❓』ということをやってみたら、(心の底からの)やるべきことが見えてきたんです”

今回のダルビッシュ選手の目標達成(自分磨き)の方法は、世界的に有名な著書の一つ7つの習慣の第ニの習慣『終わりを思い描くことから始める』でも書いていることを応用して、プラスの終わり(ハッピーエンド)ではなく、強烈なマイナスの終わり『後悔の人生(バッド・エンド)』を今、この瞬間に、後悔すぎて涙がでる😫💦💦 くらいに強烈に感じて、

(未来の自分が思っている)こんな人生をやり直したい❗❗

という思いバネ(行動のエネルギー)にして、日々を情熱的に歩む方法です!

人は大きく、2つの理由で行動すると言われています

一つは、『快感を得るため』
もう一つは『痛みから逃れるため』

*『痛みから逃れるため』のエネルギーの方が圧倒的に強いと言われています

『目的達成、自己実現、理想の夢をかなえる』系の話では、プラスのこと(未来)のイメージを使うことがよくありますが、もしかしたら、今回のダルビッシュ選手の『後悔の人生を歩む自分を想像して、そんな人生は絶対イヤだ❗❗』という『痛み』を日々の情熱的な行動のエネルギーにする方法の方が、多くの人にとって実践しやすいかもしれません^^

これまでとは違う結果を求めるならば、僕たちは、これまでとは違う何かしらの『違う選択/行動』をしなければなりません。

僕がよく使わせてもらっている、松下幸之助さんの好きな言葉があります🔽🔽

日々新た!

また、今日も🌟光り🌟に向かって、一歩ずつ歩んでいきたいですね^^♪

いつも貴重な時間を使って、最後まで読んで頂き、ありがとうございます😄♪♪

Taiwa Sato



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

(Podcast用)想えば理想に近づく夢ノート-ここあかな_『自分の設定した目標は良い目標か?』をチェックしてみる!

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】