ミャンマーの絶景人気観光スポット『バガン遺跡』に高い入域料がいる?反対派のおじちゃんのケンカに感動? 行き方/方法も!- 【アジア女子旅編】

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

 

ここは俺に任せろ!!!

 

入域料なんて反対だ!!!

 

それは、ミャンマーのバガンでのことでした。

早朝にバスをおりて、夜の夜行バスで帰る予定だったため、すぐに活動開始!!!

でも到着したのは朝の4時半頃、、、

さすがに移動手段はないのかな〜と、思っていましたがやっぱりバスを降りたらすぐにサイクルリキシャのおじちゃんたちが駆け寄ってきてまぁびっくり

こんな早い時間から頑張ってくれている…

(まぁでもそうですよね、
バスの到着時刻を狙って商売する方が効率も良いですもんね。)

(さぁ今日はどんな1日を過ごそうか、、、)

と考えながらもおじちゃんたちに圧倒されて、(いつもの感じで)もうそのままとりあえずこんな付いていきましたー。

私が誰に乗せてもらおうか選ぶときは、いつも最後まで熱心に誘ってくれる方のところに乗ります。
経験上、料金の交渉も良い感じに進めてくれ、優しい人が多いと思います。
現地のおっちゃん
行き先は?

と聞かれましたが、どこに何があるのかよくわかっていない状態で、

うーん、、、

ってなっていると

現地のおっちゃん
よし、日の出の見られるとっておきのスポットにまず連れて行ってあげる!!

と言われて、ついていくことに!!

(旅ってこんななの❓って思う人もいるかもしれませんが、『いいんです!!^^』こんな感じありなんです!行った先は、結局行きたかった所でしたが^^;!)
バス停から20分くらいで着くとのこと。

ミャンマーで日の出を見に、さぁ出発!!!

自転車をこぎながらおじちゃんがいろいろお話ししてくれます。

前を向いて話してるから声が聞きにくすぎて、
よく分かりませんでしたが、、、

10分くらい進んだところで、いきなりおじちゃんが、ばっ、と後ろを振り返り、

現地のおっちゃん
いいか、もうすぐ入村料を払うところがある!
お前は英語を話せないふりをしろ、何も答えるな。

と言われて、キョトンとしていると

現地のおっちゃん
最近ここに観光客が来るようになったのをいいことに、観光客からお金を取るようになったんだよ。

でも俺は反対だ❗

せっかくここに来てくれたのに、入るのにわざわざお金を払わせるなんて、、、。
ましてや、君は今日の夜には帰るんだろ?

と…


(いい人すぎます。びっくりしました。)

とりあえず、『分かった!』

と言って、ほんとに大丈夫なのかと思いながらドキドキしてのっていると、

やってきたようです!

ここですか?

現地の言葉で何やら話しています。

なんだか結構激しい言い合いになってきました

管理所の人が私のところに紙をもってきて、

(管理人):ほら、読めるだろ?

と、たずねてきました

ミャンマー語(ビルマ語)ではなく、英語だったので、読めましたが…

現地のおっちゃん
おじちゃんがこの子は英語がわからないんだ!!

と強い口調で反論していると、

(管理人):どこから来たんだ?

と、私に質問した時、とっさに、

Japan!(あっ^^ あっちゃ〜 あ、答えてしまった。)

でもこんなに頑張ってくれてるけど、ものすごくもめている…

一向に状況は良くなりそうにはないけど、それでもめげないおじちゃんを見て涙が出そうになりました

私の心はとても複雑でした。

(管理人):これなら読めるでしょ。

日本語でばっちり書かれた紙をもってきました。

 

おじちゃんにもう大丈夫だよ!

ありがとう!!

 

と言って、こんなに頑張ってくれてるおじちゃんには申し訳なかったですが、私が払ったら話が終わる、と思い払いました。

 

入村料金の支払い金額:25000チャット(日本円で2000円くらい)

まぁ確かに安くはない。
ゲストハウスに一泊〜二できますね。

-----

-----
現地のおっちゃん
ごめんな〜

と、一言私に残念そうに言っていたおっちゃんー。

もともと、お金がないと言っているわけでもなかったですが、善意で、こんなに頑張ってくれるおじちゃんのその心だけで私は嬉しかったです。

むしろ、こちらがいいたいです!

 

おっちゃん、ありがとう!^^

 

現地のおっちゃん
僕は必死に朝から夜まで働いてるのに、あいつらはお金を楽して稼ごうとしているんだ!!

(…何も言えませんでした)

ミャンマーの首都ヤンゴンは想像以上に栄えていて、車もびゅんびゅん走ってるし、道路はマーケットで賑わっているしで、お金もどんどん回っている様子でした。

でも、ここバガンはあまり車も走っておらず、移動手段は原付の方がほとんどでした。

道路も土でボコボコで、WiFiもたまにお店にあるけどあまり繋がらず、整備が整っているとはあまり言えない場所であした。

インターネットない生活、毎日を、多くの人がのんびり過ごしている印象がありました

私はその国、その地域の発展のためにも、観光料や入域料はある程度かかっても仕方ないのかなと思っていたので払うことにはあまり抵抗はありませんが、

あのおじちゃんの話を聞いていると複雑です、、、。

確かに観光地によってお金が必要なとこ、必要ではないとこ、料金も様々なのでいきなりお金がかかると言われたら、えっ、、、と思ってしまいますが、

冷静に考えると、その国の発展のためにも大事なことなんだな〜と思ってしまいます。

だからと言って、サイクルリキシャなどに料金交渉せずに提示された金額で乗れと言われたら
頑張って料金交渉をしようとしている自分はいますが…

複雑ですね。

そんなことを思いながら、また進んでいくとー、

日の出スポットに到着❗❗

おおお!!!ここか!!!

まだ暗かったのではっきりとは見えなかったのですが、おじちゃんは『下で荷物を見てくれる❗』ということなので、早々と登りました!!

(ん!? 荷物大丈夫?信じます!!)

そこは階段がある、登れる遺跡のところでした。

まだ夜明け前ですー。。。

(その日の状況はこんな感じ⬇⬇⬇)

そして…

 

太陽も顔を出してきたこともあり、明るくなってきて、やっと周りも見えてきました!!

 

 

うわーーーーーーーーっ

 

さっきまでのちょっとショボンとなった気持ちはどこかへ吹っ飛んでいってしまったのか、と思えるくらいに、

きれーーーーいな❗バガンの景色と遺跡が目の前に現われました。

上から見る景色も、下から遺跡を見上げる景色も最高です!!

(気球にも乗ってみたいなあー えっそれはまた今度?自問自答していました^^)

階段が急で少し怖かったけど、ベストスポットでした。

明るくなったのでおじちゃんのチャリがはっきり見えました。

おっ❗❗❗❗

(なんかとってもシンプル。

国によってもいろんなサイクルリキシャがあって面白いし可愛いなあ〜と独り言^^;)

その後、中心地の方まで乗せていってもらい、おじちゃんにバイバイしました。

さぁまだ7時前!

ここ、ミャンマーの旅が、どんな1日になり、どんな人たちにこれから出会えるのでしょうか。

自転車を借りてバガンの街を探索だ〜!!!

ミャンマーの超人気有名観光スポット『バガン遺跡』:世界三大仏教遺跡のひとつで、ミャンマー仏教の聖地と言われている

続きを読む(準備中)



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

(Podcast用)想えば理想に近づく夢ノート-ここあかな_『自分の設定した目標は良い目標か?』をチェックしてみる!

 
   
 
 
00:00 / 6:10
1x
【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】