[ブログ] カナダ・ワーホリ/仕事探し – コンフォート・ゾーンの外へ〜Part①

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

2009年10月16日午後2時、私は成田空港に立っていました。

 

これから、最近流行りのワーキング・ホリデーVISAを使ってカナダ・バンクーバーに行くために…。(2009年10月〜2010年9月予定)

 

大学3年生の前期を終え、これから就職活動を多くの学生がスタートするこの時期に「私はただただこのままでは行けない!」という思いが前々からあり、ある時、無性に「行かなければ!」という思いにかられたことが原因で、ワーキング・ホリデーVISAの申請をその瞬間に済ませ自分探しの一歩を踏み出しました。

 

(コンフォート・ゾーンを広げるために)自分の人生の可能性を求めての自分探しの旅の始まりです。

 

*コンフォート・ゾーン;良い・悪いに関係なく、自分が無意識に「そこに戻ってしまう(無意識が心地よいと感じている)」空間(ゾーン)のこと。例えば、10kgのダイエットに成功したのに、すぐリバウンドしてしまったりするのは、10kgの減量した姿の「自分」は自分ではないと無意識で感じているから(コンフォート・ゾーン外だと無意識で認識されるから)。行動の継続は、動機(目的)が需要(目的と目標の違いを理解して、プラン作りを上達させるには?)

 

私が通っていた大学は、世界80カ国以上から留学生が集まっており、良く国際大学と言われていました。

生徒の半数が留学生という環境にいたにも関わらず、いざ国境を越えるとなると、過去の自分が作り上げてきたコンフォート・ゾーン(日本の生活)から一気に外れる感じで、ちょっとした怖さがあったため結局、留学エージェントを使ったかなりのチキンやろうでした。
[ad#cocoa2] (留学エージェントには、有料と無料があり、有料の場合は渡航時に「あるかもしれないあらゆる危険」に対してサポートしてくれます。

-----

-----

 

当時は勢いに任せ一番に検索エンジンにヒットした留学エージェントを使ったので知らなかったのですが、無料の場合は、学校手配などの最低限のサポートのみで、終わってからの感想で言えば、無料のサポートで十分。

 

(もちろん、有料エージェントを使えば、渡航時にかかる費用に資金を割くことが出来ないので、資金に制限があれば将来的に選択肢に制限が掛かってきます。私はこれが大きくカナダ・ワーホリ生活でひびきました^^;)

 

10時間ほどの空の旅を楽しむと、そこはカナダ。

 

しかし、私は昔からなのですが、「きった〜!!!」という感覚はあまりなく、カナダという異国の地に着いても「地元から遠い所」という感じでした。

 

カナダ・ワーキングホリデー生活の最初の2ヶ月はお決まりのパターンで言語学校に通いました。

 

元々は3ヶ月の予定でしたが、資金が底を尽きかけていたので急きょ2ヶ月だけ学校に通った後、残りの一ヶ月の言語学校生活を残した状態(休学)で仕事探しをすることになりました。

 

ここからが全ての始まりでした…

 

過去の自分が作ったレベルの低いコンフォート・ゾーンから抜け出し、自分を高めていく旅の始まり。

 

そして、異国の地・カナダで全財産$2.5のホームレス状態突入のカウントダウン…

 

パート②に進む

2010年と言えば、2010年冬季バンクーバーオリンピックの年。
今でもこれを見ると、色々な思いが湧き出てきます♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

↓↓↓

[ad#cocoa3]


【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

人生の可能性を広げるものはすぐそこに!〜世界一周旅行の夢をも叶えてくれる『パスポート』に気づくということ〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】