タイの観光/旅行のもう一つの楽しみは『街から電線が消える?』経済成長著しい新興国タイ・バンコクの今しか見れない光景とは?

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

海外の旅行/観光に慣れない方々の最初の国に選ばれやすい都市の一つタイ・バンコク!

僕は、海外ボランティアの一環として、ベトナムやタイのゲストハウスの管理人というボランティアをし、これまでに学生、サラリーマン、OL、企業家の方他、数百人の旅行者(観光者)、旅人(バックパッカー)に出会って来ましたが、インド、ミャンマー、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレーシア、シンガポールなど東南アジアを周る際のスタート地点に選ばれるのもタイ・バンコクであることが多いです。

東南アジアの主要経済大国として、年々注目度を増すタイですが、今の今「あれ」がバンコクの街からどんどんなくなっています!


その「あれ」とは、バンコクの空を見上げれば広がる『大量の電線たち』です

はじめてタイ・バンコクに来た昨年のこの時期(2016年12月頃)、バンコクの街(の空)に広がる『電線たち』には大変に驚きましたが、それも経済が急成長するのと共になくなる時がとうとうやってきました^^

この光景を見ながら、またまた学んでしまった『人生訓』があります⬇⬇

進化・成長しようとしている人に口出しする僕たち

現在、タイの首都バンコクの街の至る所で、古い電線がバチバチと切られ整理されていますが、これらの切り落とされた大量の電線が切られて放置プレー(これで作業終わり!)になるとは誰も思いません。

僕たちの『当り前』として、①電線が切られ整理される ⇛②切られた電線は全て回収され街はより綺麗になる、という思考が働きます

確認するまでもないと思いますが、

おそらく、実際にそうなると思います

ここで、

一つ頭においておきたいことは、進化(成長)の際には、

『いつもと違う状態が生まれることがある』ということです

1:現状)タイ・バンコクの街はたくさんの電線があった
⬇⬇⬇

2:進化・成長)将来的には日本のような必要な電線だけが残るスッキリした状態になる

の間には、切り落とされてた電線たちが街を覆う?という不便な状態、通常の状態ではない段階があります

-----

-----

僕たちは、今回のような修繕作業や改装工事のような出来事においては『通常の状態ではない段階』を進化(成長)する際には『当り前』に受け入れることができます

ことだまTaiwa
しかし、こと『人の成長』になると、受け入れることが出来ない人がたくさんいます
ことだまTaiwa
これまでにもコンフォート・ゾーン(自分にとっての快適空間)について何度も触れて来ましたが、この原因の一つを一言で言うならば、『自分との関係度が極めて高いから』と言えます

僕たち生物は、本能的に生きようとします

そして、生きる方法として、昨日行ったことをやって、今生きることが出来ているからと『明日も今日と同じことをやれば明日も生きられる』という思考が働きます

この思考が、僕たちが一般的に持つ『変化を嫌う』原因となっている理由です

(もちろん、これだけではありません)

(また、実際、進化・変化をせず、現状維持し続けることは、将来やってくる環境変化に対応出来ない可能性を秘めているため危険であることは誰もが知っている話…)

街並みが変わるくらいであれば、そんなに自分に影響を及ぼすことではないですが、友達や家族の考え方、行動が変わると、人間関係も変わるなど、(良い悪いは別として)これまでの自分が過ごしてきた生活の内容も変化します

僕たちは、通常、どんな時もコンフォート・ゾーン(これまで居た慣れ親しんだ空間)にとどまろうとする生き物。

そのため、友達や家族が成長しようと頑張る姿を見たりすると、こう言ってしまうことがあります

(相手のことを思って…)
(心の底から相手を思って…)

・こんなにやってダメなんだから◯◯…
・こっちの方がアンタにはやっぱり…
・いつになったら…
ことだまTaiwa
ちょっと立ち止まってみてください

これらの言葉って、本当に相手のことを思っていますか?
自分の(生活/人生の)ために実際は言っていたりしていませんか?

もちろん、成功するための戦略(計画)がなかったり、実は、なあなあで取り組んでいたなどであれば、極めて将来的に花開く可能性はゼロに近いので、周りの助言通り諦めた方がいいです

しかし、僕たちが自分の人生を歩む上で、大きな充実感を得る瞬間の一つは、花を開かせるために日々奮闘するプロセスに居る時です。

以前僕のポッドキャストでも触れましたが、『90歳以上の米国のお年寄りに人生でやっておけばよかったと思うことは』という有名なアンケートで『もっとチャレンジしておけば良かったです』という話があります

 

アイツ(あの子)、最近何やってんの!!!!??

 

そう思うこともあります

しかし、そう思う時こそ、相手を思って『ただ見守る』ことが大切なのだと思います

そういえば、誰の言葉かは忘れてしまったのですが、興味深いことを言っている方がいました

 

成長を望む上で、もっとも難しいことは『見守ること』です

 

(見守ることと、放置は全然違うことなのは、既に僕たちは知っていますね^^)

お互いに夢や目標を応援出来る関係を築き、満足のいく ”人生を作っていき” たいですね😊

今回もまた、最後まで読んで頂きありがとうございました

Taiwa でした

それではまた!!



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

(Podcast用)想えば理想に近づく夢ノート-ここあかな_『自分の設定した目標は良い目標か?』をチェックしてみる!

 
   
 
 
00:00 / 6:10
1x
【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら⬇】

【LINEでの登録はこちら⬇】