リオ・オリンピック銅メダル】錦織圭の子供時代の作文「ぼくの夢」- 五輪 / 世界トップアスリートの “価値観” とその生い立ち

はじめに:このサイトが届けているもの

夢/目標をかなえる方法とは:「①夢・目標(行き先)を設定する」「②夢・目標を達成する方法/やり方を探し、計画する」「③夢・目標を達成している自分を日々イメージする(言葉にする)」「④実行(行動)する」

「現状」は、日々、私たちが使っている言葉、聞いている言葉によって、今の考え方が作られた結果、出来上がったもの。

このサイトは、小さいな “発見” を通して『心技体』を整え「現状の自分」を「行動/健康体質」に変えるヒントを届けています

♣︎好きな言葉♣︎人生は始まったばかり♪

ソフトバンクの孫さんは言いました。
「まずは、登る山を決めなさい!」と...

♣インスタグラム・フォロワー数:約7000人♣:インスタを観る場合はこちら
ーーー

【タイトルコンテンツ】

リオ・オリンピック(五輪)銅メダル、世界のトップアスリートの一人として、
また、日本を代表するテニスプレイヤーとして活躍する錦織圭選手。

錦織選手の活躍のニュースは、私たちに多くのエネルギーを与えてくれます♪

これまで、イチロー選手や本田圭佑選手等の小学性時代の作文を紹介してきましたが、
今回は、96年ぶり(五輪)オリンピックでメダルを獲得した銅メダリスト、
錦織圭選手の小学性時代の作文の紹介です♪♪

私たちは、日々、様々なものに触れ、多くの情報を見聞きしている ”ように” 思っています。

しかしながら、

実は私たちは見たいものしか見ていません。

自分にとって「価値がある」と無意識が判断すれば、「目の前の情報(出来事や話等)」は頭に入ってくる。

しかしその一方で、「価値がない」と無意識が判断すれば頭にはほとんど残りません(厳密に言うと、情報は頭に入っていますがアクセス出来にくい状態になります。)

ここで重要なことがあります。

———–
【自分の未来をつくる記事:天才を支えたものとは?】
羽生世代最強棋士の一人 – 村山聖の生涯「今しかないんです!」

大谷の目標達成用紙に学ぶ:超一流の人がやっている習慣とは?

・プロフェッショナル仕事の流儀で話題:天才ドローンパイロット・請川(うけがわ)氏のプロのこだわりとは?
———–

[ad#cocoa1]

ここで言う「価値がある」の使い方を誤る(理解していない)と、かなりのくせ者となりえます。

例えば、あなたが「自分は太っている」と自覚していた場合、無意識は「価値ある情報」として「太るための情報」を集める(目に付く)ように自分に働きかけます。

しかし、自分はやせたい、と思っている・・・

果たして、ダイエット中の自分に、お菓子やデザート、家でゴロゴロしながらも楽に減量出来る情報にどれだけの「価値がある」でしょうか。

試合前の減量中のボクサーがこのようなことをするはずがありません。

しかし、ダイエット中の多くの方がお菓子やデザート、楽をして減量などの情報に目を向けてしまいがちです。

「ゴール設定が先、認識は後」という言葉がありますが、私たちは行き先(ゴール/目的)が定まった時、そこにたどり着くための情報に対して、「価値がある」情報と判断します。

そのため、行き先(ゴール/目的地)が不明確な状態の場合、何が「価値がある」か判断出来ず、「価値のない」ものに時間やお金を浪費してしまうケースが多々あることは言うまでもありません。

それは下記のようにも例えられます。

あなたが家から仕事先(アルバイト先)に車(自転車・徒歩)で向かう場合。

家(現在地)から仕事先(目的地)が全く決まっていない不明確な状態で、
一体どうやったら、結果的に行くことになる(仮の行き先として→)新宿の方向を指す看板の表記に「価値を見出す」でしょうか。

私たちは、行き先(ゴール/目的地)が定まって初めて、そこにどうやったら行けるのかの「価値ある」情報を収集します。

人は、自分が意識・価値観を向けているところから「目標(行き先)」に向かうための情報(話)を集める訳ですが、今回紹介する小学6年生の錦織少年は、どのような意識・価値観でテニス(人生)と向き合っていたのでしょうか。

また、とても印象的だったことは、最後の一文にあるように、(イチロー選手の名言にもありますが、)当時から、ものごとは一足飛びに進むのではなく、日々の積み重ねの先に大きな成果を得るチャンスがあるということをきちんと知っていたことです。

-----

-----
[ad#cocoa2]

錦織圭 作文
 

ぼくの夢 錦織圭

この六年間で一番思い出に残ったことはテニスで日本一になったことです。

練習で一生懸命やった結果が出たと思います。

全国選抜や全国小学生大会、全日本ジュニアの三つの試合で優勝しました。

一試合一試合を「絶対勝つぞ」と思ってやりました。

そして「優勝」までいけた時は、すごくうれしかったです。

ぼくはテニスのラリーが長く激しく続くところが好きです。

いろいろなコースに打ち分け、深く打ったり短く打ったりします。

チャンスボールがきた時、強いボールを打つのが好きです。

決まった時はすごく気持ちがいいです。

このショットがいつも打てるように練習していきたいです。

試合に出ることで友達が増えました。

友達が増えたおかげでいろいろな話をしたりいっしょに練習したりできます。

それもテニスが好きな一つです。

これからはだれにも負けないように、苦しい練習も
絶対あきらめずに全力でとりくんでいこうと思います。

夢は世界チャンピョンになることです。

夢に向かって一歩一歩がんばっていきます。

———–
【自分の未来をつくる記事:天才を支えたものとは?】
羽生世代最強棋士の一人 – 村山聖の生涯「今しかないんです!」

大谷の目標達成用紙に学ぶ:超一流の人がやっている習慣とは?

・プロフェッショナル仕事の流儀で話題:天才ドローンパイロット・請川(うけがわ)氏のプロのこだわりとは?
———–
[ad#nishikorikei]

関連記事
▶︎ 本田圭佑選手の卒業作文「将来の夢」- 世界トップクラブACミランの10番を支えるもの
▶︎ 大谷翔平の(人生)目標設定シート-高校時代に実践した内容とは
▶︎ 羽生結弦作文「瞬間」- 「観客に感謝したい」〜人としての成長を求めて〜
▶︎ [作文]イチローの成績を支える目標達成方法 – 小学校卒業文集 “僕の夢”
▶︎ [有名人の作文] perfumeのっち「将来の私にこんにちは」- 夢を叶えるコンフォートゾーン

(photo from GOSSIP速報 & 毎日新聞, 左記2件共に2015/5/4時点)

 

(錦織圭選手の生い立ち・成長物語動画)youtubeより

↓↓↓



【あわせて読まれている記事】


最新 My Podcast 『視点を変える話』をモットーに!ほぼ毎日更新!

人生の可能性を広げるものはすぐそこに!〜世界一周旅行の夢をも叶えてくれる『パスポート』に気づくということ〜

【iTunesにてPodcast 配信中-登録はこちら↓】